英語学習:教材

 以前のブログにも書いた通り、これまで使ってきた、杉田敏先生の”実践ビジネス英語”は読んでも意味の分からない文章が多く、私にとってはリスニング教材にはならないと思っています。結局、聴き取る事はできないので、リーディングと語彙力強化に使うという事になり、別にリスニング教材が必要になります。そこで今一度、ちょっと抵抗のあった遠山顕先生の”英会話楽習(2018年開講)”を引っ張り出して2018年4月号から再開しました。NHK講座の事前のレベル判定テストでも自分の能力にマッチしたB1~B2のレベルなので、さすがに読んで理解ができない文章というのは、ほとんど、ありません。あるとすれば、日常でネイティブが使うフランクな言い回しであり、それは理屈抜きで覚えるしかありません。ちょっと気になるのは、実践ビジネス英語と英会話楽習の会話の速度には相当な落差があるという事。でも、これが自分のリスニング能力なんだと素直に認めて、わかったふりをせず、集中して聞く練習をしなければならないと思っています。一方で、実践ビジネス英語も継続して、きちんと中学や高校のReaderや英文法の様にノートに書き、辞書を引きながら、学習して、まず、英文を解釈できる様になってから、聴き取りの教材に使うというスタイルに変え様と決めました。英会話楽習はタイトルこそ英会話となっているのですが、この内容ではクイックトランスレーションは鍛えられそうにないので、主にリスニングとイントネーションやリダクションを意識した発音練習の教材という位置づけになると思います。クイックトランスレーションは何かまた別の教材で鍛えておかないと、今度は”こう言いたいんだけど出てこない状態”になります。それで結局、以前、AEONに通っていた頃に使っていた1日に15-16個の例文を暗記するスタイルの構文練習帳を再開しています。日本語を見て英語に素早く訳すという学習方法ですが、再開してみると以前のような切れはなく、相当、英訳が遅くなっている事に気づきました。私は痙攣性発声障害で声を出すのが億劫で、基本、しゃべらない方が楽なので、音読、シャドーイング及びクイックトランスレーションを敬遠し、すぐにReadingやWritingに逃げがちなのですが、英会話学習においては致命的です。大声でなくて良いので確実に音を聞き、声に出す事を続けていないと、どんどん会話が下手になっているのがわかります。この新しいスタイルで何とか今の閉そく感を脱したいと思っています。

投稿者: カズ

長崎在住の作曲やギターが趣味のブロガーです。共感して頂ける皆様と情報交換する事を目的に立ち上げたブログですので、気になる記事がありましたら、ご意見やコメントをお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です