痙攣性発声障害4:術後2年

 正確には、今年2020年12月で2年なのですが、術後約2年経った現状について、綴ってみたいと思います。この障害を生まれた時から抱えている方というのは少ないと思っていますが、この障害を抱える人の中には、以前、正常だった頃にどの様な発声をしていたか?という事を、もはや、忘れてしまったという人も居るのではないでしょうか?私の場合は男性にしては声が高く、ハスキーではあったけど大きな声、且つ、興奮するとやや早口で話していたと思います。しかし、この障害を自覚してからは、締めたいときに声帯が締まらず、声が抜ける為、それを一生懸命締めようとして、力むという癖がしみついています。その力みは胸や腹に伝わり、胸はしびれたような状態に腹筋には相当なストレスがかかっているのがわかります。当時は加齢で腹筋が落ちた事が原因だと思い、(今も継続していますが)腹筋を鍛えていました。しかし、これはボーカリストのそれと似ていて、ハスキーボイスの人が自分のオリジナルキーより高いハイトーン域で歌っているときと同じ様な感覚であり、日常会話で継続する等、困難な事は明らかでした。更に、この手術は”低音で落ち着いて、会話したときに響く位置で、声帯を開かない様に止めている”わけで、以前の発声法は通用しない事が、だんだん、わかってきました。つまり、以前の発声法はハスキーながらも高音で話す発声ができていたが、それが、この障害によってできなくなった事で力んで発声する癖がついていたものを、手術によって低音で話せる様にしたという事になります。しかし、長年の慣れていた発声域を変えるわけですから、相当、意識しないと難しいと、術後2年の今でも感じます。まず、寝起きは体は弛緩しており、非常にリラックスしているので、最も、この手術が期待する音域で発声しやすいです。ところが、だんだん、脳が目覚めてくくると色々な刺激に対して体には知らず知らずに力が入り、以前の発声法で興奮気味に話そうとして、そのたびに声はフェードアウトしてしまいます。私の場合は朝のルーチンで日本語の本を2-3ページ音読し、英会話学習も30分ほどやりますので、そこで、とにかく、”低音でゆっくり発声”を心掛けるのですが、人との会話や特に会社における会議では、そういうわけには行きません。”冷静に静かに話す”というのは”会議室の広さ”、”参加人数”、”周囲の騒音”等、いわゆる会議環境によって、できる場合とできない場合が出てきます。どうしても興奮気味で且つ早口で一生懸命、話さなければこちらの意志が伝わりにくい場合もあります。特に、このコロナ禍でWeb会議になるとマイクの拡声に助けられるケースもありますが、ネットにノイズが乗り出すと相当厳しいし、私の場合は外国人と英語で行う会議もありますから、なおのことです。私が日々、練習している事は”低音で話す事”だけです。声帯リハビリで行うプッシングという訓練がありますが、これは私には害でしかありません。大声を出せないわけではないですから、低音で明瞭に話す訓練とは逆行しています。従って、リハビリは音読という形で必要なんだけど、この様に要らないものをあるわけで、そういう意味では見切って良かったと今は感じています。今日はここまでとします。

痙攣性発声障害3:甲状軟骨形成術

 前回はリハビリを約1年続けた後で一応、見切りをつけ、京都の”ひろしば耳鼻咽喉科”で手術を受ける決断をしたところまで書きました。やり取りしたメールを追うと2018年9月24日に以下のリンクにある一色記念ボイスセンターの問診をWebで受け、録音した音声データを送ったのが最初でした。一応、これまでブログに綴った様な経緯をある程度、要約し、メールに添え報告しました。

<ひろしば耳鼻咽喉科ホームページ>

https://www.hiroshiba.com/

2018年10月に一度、手術前の診断を受け、この病院でもスコープで確認した結果は”外転型痙攣性発声障害”という事で手術によって完治は難しいが、改善は見込めるという事を告げられ、2018年12月14日に手術日を決定しました。術式は以下の甲状軟骨形成術 1型で決定し、要するに声帯を動かす軟骨を削ってクリアランスを狭め、声帯の開き過ぎを抑えて声を出しやすくするという手術です。逆に内転型の患者さんは発声時、声帯が締まりやすい傾向にあるので声帯が広がる方向にチタンブリッジを装着する2型となり、その他、症状によって3型と4型がある様です。手術は局部麻酔で喉を3cm~5cmほど切り、発声しながら骨を削るという手術になります。時間的には手術室に入ってから3時間程度だったと記憶していますが、時間については少し曖昧です。手術中、激痛を伴う様な事は私の場合はなかったし、麻酔の注射が痛かったという覚えもありません。ただ、グラインダーやノミで骨を削る音や振動がリアルに聞こえるので、そういうのが極端に苦手な人は怖いと感じるかもしれません。気持ちが悪いというのは多少あっても、痛みがないというのは間違いないです。更に声帯の開き具合を調整して削るので削る前にどの位置まで狭められるのかを鉗子等の手術道具で動かしながらチェックします。その際に気道がふさがる様な息苦しさを感じる場合がありますが、実際は片側ずつ締めていっているので完全にふさがる事はなく、呼吸には影響ありません。これも、そういう感覚の問題であって、もし、もう1回やったら、そういう恐怖感は減っていると思います。手術後、1日入院するのですが、翌日には固形物を飲み込める様になっていました。手術から1週間は全て筆談となり、話す事は禁じられます。きっと苦痛だろうなと思っていたのですが、会社を休んでいるので、そこまで苦痛ではなかったです。2週間後に抜糸となるのですが、京都まで抜糸の為に行くわけにはいかないので、近くの外科に紹介状を書いてもらい、そこで抜糸しました。手術後、1ヶ月、3カ月、6カ月そして1年とスコープによる診察がありましたが、発声時にある上限までしか開いていない事は確認され、一応、この手術で一定の改善は見られたという事になりました。確かに声はリハビリ当時より低音が響きやすく、出しやすくなりました。今日はここまでとします。次回は手術後 約2年経過した現在の状況を綴ってみたいと思います。

甲状軟骨形成術 1型:

声帯の動き

声帯麻痺、声帯萎縮など、声を出すときに隙間ができる病気に対して行います。声帯を中に移動させて、声帯の間の隙間を少なくし、声を出しやすくします。

甲状軟骨形成術 2型:

甲状軟骨形成術

痙攣(けいれん)性発声障害に対しての実例も豊富で高い効果が期待できる施術です。
けいれん性発声障害の大多数は、声を出す時に声帯を強く締め過ぎる内転型と呼ばれるもので、これは手術によって改善できます。手術では一色が開発したチタンブリッジを甲状軟骨に装着します。こうすることで、声帯を広げ、緊張を緩めたまま固定することができます。

甲状軟骨形成術用チタンブリッジ

甲状軟骨形成術 3型:

甲状軟骨の一部を切除して、声帯を短くし緊張をゆるめて声を低くします。変声障害の男性の方や性同一性障害GID(FTM)の方の声を低い声が出るように改善できます。

声がわり障害・変声障害について

甲状軟骨形成術 4型:

甲状軟骨と、その下にある輪状軟骨とを近づけることで、声帯を前後に引っ張り、緊張を高め、声を高くします。声帯の萎縮や加齢で声帯がゆるみ、声が低くなったりガラガラする場合に行います。\

痙攣性発声障害2:リハビリから手術へ

 今回は第2回目でボドックスが効かなかった私が、その後、どうしたかという事を綴ってみたいと思います。クマダクリニックからは、リハビリという選択もあるし、もう少しボドックス治療で様子を見る事は可能だが、それをするにも、定期的に声帯の動きを観察しながらになるので、熊大の音声外来を紹介すると言われました。主治医は長崎から西麻布に毎月、通うのは、交通費もバカにならないので、ボドックスはできなくても、せめて九州で音声外来やリハビリのある病院が良いという判断をされたわけです。そのうえでボドックスを再度、ご希望ならば来て下さいという感じだったと記憶しています。そこで2017年10月ごろ、紹介状を持って熊大の受付まで行ったのですが、意中のエキスパートは朝日野総合病院という私立の病院に勤務先を替えておられた為、さらに熊大から朝日野総合病院へ行く事になりました。ここで鼻から喉へ挿入したスコープを観ながら下された結果は、2度もボドックスをして左声帯が発声時、開いているので、おそらくは効きにくい体質であり、これ以上、量を増やすのは気道をふさぐ可能性もあり危険と判断するという事。つまり、クマダクリニックで再度、ボドックスを受ける意義は薄く、むしろ危険であり、コツコツとリハビリを続ける事を推奨されたわけです。1年間続けたリハビリの内容は以下の通り。自宅でこれらを毎日行い、2回/月、朝日野総合病院でスコープを鼻から喉に挿入した状態で発声しながら声帯の動きを診断し、以下と同様のリハビリをやって、発声時の声を記録して帰るというもの。しかし、よくよく、このリハビリ担当に聞くと内転型患者のリハビリによる改善実績はあるものの、外転型患者は初めてという事らしく、これで治るかどうかやってみなければわからないという事でした。どこがゴールなのでしょうか?と続けて質問すると、1年とか2年とか一概にリハビリ期間で決まるものではなく、主治医と患者である私で止め際を見極める必要があるという事でした。リハビリは確かに一定の成果があり、始めた頃からすれば、ずいぶん、発声しやすくなったという実感はありました。しかし、私はそのリハビリに改善の限界がきている事を何となく自覚していました。そこで、ここから、私は2018年9月に京都にある一色記念ボイスセンターのひろしば耳鼻咽喉科で手術が行える事を知り、音声外来を申し込みました。今回はリハビリから手術へ踏み切ったところで終わりにし、次回、手術の状況から現在に至るまでを綴ってみたいと思います。

1.壁を押して、”エイ”と発声するプッシング(30回/日)

2.鼻の上の方を両人差し指で抑え、指に音が響く様に”イー”と発声。(5回/日)

3.ドレミファソ→ソファミレドの音階を”オー”で発声(1回/日)

4.低高→高低と”ノー”という音で上げ下げの発声(5回/日)

5.カ行、サ行、タ行の続く単語及び短文の音読

痙攣性発声障害 1:特定のプロセス

ブログを再開するにあたり、まず、最初に綴っておきたかったのは、この発声障害の事です。2017年の冬から春、会社のミーティング中に声が抜け、複式呼吸を使わなければ発声困難と感じる事が増えてきました。最初は悪性のポリープや咽頭がんを疑い、いくつかの耳鼻咽喉科で受診しました。ですが、その様な腫瘍は見つからず、原因不明のまま、長崎大学に紹介状を書いてもらい音声外来のエキスパートの診断を受けました。出された結果は”声帯溝症”という事で、声帯がやせ細って溝ができ、そこから空気が漏れているのが原因という所見。しかし、長崎大学の先生が”声帯溝症には、この様な症状があるはず”という、いくつか問診に納得できず、とは言え、長崎には、このエキスパート以外の音声外来専門医は居なかった為、ある耳鼻科から久留米大病院の音声外来へ紹介状を書いてもらい、セカンドオピニオンを求めるつもりで受診しました。受診した結果、外転型痙攣性発声障害に関する問診に自覚症状として思い当たる節があり、特定できたのが自覚から約半年経過した、2017年8月でした。この障害はジストニアの一種で、発声時、左右の声帯を締め様とする脳からの指令に対して、声帯が逆に動作し、力んで努力発声なればなるほど、声帯が開いていく障害です。逆に声帯を締め過ぎて声が詰まる内転型というのもあり、圧倒的にこちらの方が多いという説明で外転型は10万人に1人の珍しい症例であるという説明でした。痙攣性発声障害は治療法が確立されておらず、久留米大で紹介されたのが、ボツリヌストキシンという菌を注射器で声帯を動かす筋肉に打ち(以下、ボドックスと書きます)、一時的に声帯を開かない様に止めるという治療で、ここから、次は西麻布にあるクマダクリニックに紹介状を書いてもらい、8月と9月にそれぞれ、左右の声帯に月を分けて接種し様子を見ました。このボドックスは効果が2-3カ月と言われ、1年に4-5回は接種し続けなければなりません。記憶が正しければ私の接種量の場合、1回で16,000円だったので、注射代だけで1年で70,000円~80,000円を覚悟しなければなりませんでした。長崎からだと日帰りは可能なので、宿泊費は不要なのですが、ここに1往復:50,000円程度の航空券が5往復加算される為、1年で約400,000円を使う事になります。ところが、幸か不幸か、このボドックスは私に全く効果がなく、右声帯の動きを止めきれたのですが、左声帯には全く効き目がありませんでした。今回は特定からボドックスまでを綴りました。続きは次回に。