Python:グラフィックはひとまず成功

小波秀雄著”Pythonではじめるプログラミング”を参照しながら漸く、私が専門にしている自動制御理論で最も単純な一次遅れ系のグラフを描かせる事に成功しました。XCODEでPython3でTryしたのですが、昨日までの実績では、日本語フォントを読み込みテキストに日本語を使う事、オペレータがインプットする変数(パラメータ)をグラフ上にテキストで置くこと、そして、グラフの間隔を自由にとることはできていません。非常に苦戦したのが、時間:-1(sec)<t<0(sec)に初期値の直線を入れる部分です。以下は直流電圧をE=100(V)をR=20(Ω)、L =10(H)のRL回路に印加した瞬間に流れる電流i(t)の過渡応答をOn Responceに、逆に切った瞬間のそれをOff Responceに描かせたものですが、過渡応答の数式はion(t)=(E/R)*{1.0-exp(-R*t/L)}、ioff(t)=(E/R)*exp(-R*t/L)であり、t=0とt=-1では値が異なってしまいます。それは物理的には当たり前で、t=0からの過渡応答の数式であり、それ以前は定常状態なので、この式にt=0以前の過去の時間を入力しても、定常状態の電流値にはならないからです。つまり、t=0以前の時間の電流値はt=0と同じ値であるべきです。従って、プログラム上、-1<t<0の場合は強制的にion(t)=ion(0)=0、ioff(t)=ioff(0)=E/Rとしてやる、必要があるのですが、Visual BasicやC言語では何の事はないこの場合分けが配列に計算値をバッファするarange関数を使って結果をプロットさせるとなかなか難しく、一方で、ループ演算処理のWhile関数や For〜Next関数でプロットさせ様とすると、場合分けはできているのに、グラフへのプロットが上手くいかないという壁にぶつかってしまいました。他に良い方法があるのかもしれませんが、素人が苦肉の策で思いいたのが、-1<t<0と0≦t<Tmax(演算時間)のグラフを別々にarange関数で描かせるという方法です。まだ途中なので詳しくは説明しませんが、Tcをサンプリング周期として以下の様になります。i1が-1<t<0のion(t)、i2がioff(t)なのですが、ここでも壁がありました。sという新たな時間を設定した以上、i1やi2が例え一定値であっても、sを変数した関数になっていなければならないらしいのです。つまり、数式はi1=0、i2=E/Rの定数の式で良いのですが、それではerrorになる為、-1<s<0をTc刻みで入力した値の結果がいずれもi1=0、i2=E/Rとなる様なsを使った式を定義してやる必要があり、i1=0.0*sとi2=(E/R)+(s-s)しかなかったということです。While関数や For〜Next関数でプロットさせる方法もあるのでしょうが、結局、グラフとしての見栄えの問題だけにつき、これで妥協することしました。このGWは英語とPython一色の連休でしたが、非常に有意義に過ごせたと思います。iPadでPythonができるのはわかっているのですが、matplotlibが使えるならば、iPad Proを買うかもしれません。

体得した真実

 ネットの時代になったことで手軽に知りたい情報を入手できる様になったことは、本当にありがたい事だし、特に仕事では色々な意味で時短になるケースが多いです。私が就職した1990年代、長崎には、今の様に専門書も売っている様な大型の書店もなく、現在の長崎市立図書館の様に本屋では手に入らない蔵書を保管している様な大きな図書館も存在しなかったため、特に仕事では、何が真実か?を判断することが極めて難しい時代でした。先輩の指導が全てだったと言えます。言っていることが、前回と異なり、おかしいなと思っていても、実績のあるノウハウだとかと、理論はないけど、経験値として正しいということを、受け入れざるを得ないことは、まず、疑って自分で調べる様、指導されてきた大学院卒の私にとっては非常に苦痛でした。かと言って、他の先輩にも確認して確度を真実に近づけていく以外、手段もなく、時間もないわけですから、黙って受け入れて仕事を進めるしかなかったのです。一方で、この上っ面だけ舐めてわかった気になっている自分が許せなかったし、どうにも、消化不良感が残り、次に進めないわけです。しばらくの間、このジレンマのせいで、私はダメ社員の部類にカテゴライズされていたはず。しかし、その後、その究極とも言える海外現地の仕事に配属され、メールやスマホもない時代ですから、先輩の指導すらタイムリーには受けられない状況になり、理論の追求どころではなくなりました。試行錯誤で作って、動かしていく中で、よく状況はわからないけれど、納得行かなかった先輩の指導通りのことが現象として起こり、それを体得していくという事になります。そして、時が立ち、ある程度、スキルが身に付くと、もう、大学院のころの”疑って自分で調べる”という気力すらなくなり、どんどん、理系的なセンスが失われていきました。仕事はできるので問題もなく、吹っ切れたせいで、先輩や上司からの受けも良くなり、だんだん、ダメ社員からできる社員の部類へシフトしていることが所得や昇進で実感できました。ところが、それに甘んじることができない時代に入っていきます。先輩と同じやり方で後輩を指導したり、お客様へ説明したとしても、それが何故か?を逆に追求されるわけです。情報が豊富かつ手軽に入手できる様になった事と、もはや、先輩とか上司に対する畏敬の念がなくなり、フラットな人間関係た多様性が良しとされる時代に変化したことが影響していると個人的には思っています。”とにかく、結果は大昔から明らかなのだから、黙ってやれ”という指導とか、”この部分は当社のスタンダードですし、企業秘密にに近い内容も含まれていて、お教えすることができません。お客様に簡単に説明するというのが難しい状況です”いう説明が通らない。いちいち、根拠や理論を求めてくるわけです。まさに、私の時代が来たと感じました。それを感じ始めたのが、ここ5-6年のことですから、入社して20年以上経過して、漸く、大学院の頃の理屈っぽい自分を出しても、むしろ歓迎される時代になったわけです。今、私は、当時、先輩から教えてもらい体感的に覚えた真実を論文や専門書から理論付けする作業を行なっています。後輩には正しい知識で指導したいと考える様になり、いい時代になったと思っています。

好きな事に正直に

最近、思うのは、好きな物や好きな事に素直になりたいという事です。以前、武田邦彦先生がYOU TUBEのブログで似たような事をおっしゃっていました。”自分は一時期、その時に食べたいと思う物ではなく値段の高い物を選んで食べており、それを大いに反省した。それから、値段など見ず、その時に食べたいと思う物を食べることにしたが、贅沢をして散財しすぎるということもなく、これで良かったと思った。”とか、”出張先で同僚から飲み誘われた時に、いつもならば、断らず飲みに行くのだが、たまたま、その日は部屋で英文の論文を読んでいたいという気分になったので、遠慮して、ホテルの部屋で一人、英語の論文に読み耽っていたら、自分は酒を飲みに行くより、論文を読んでいる方が楽しいことを悟った”と、そのブログでおっしゃっていたと記憶しています。このブログは自分の中に印象深く残っていて、自分もかくありたいと思っていますが、これがなかなか実践できていないと思うのです。冷静に自分がしたい事を見極め、それを優先して実践し、ブランドなど無視して欲しいと思う物を手に入れているか?という事。例えば、洋服。特に妻が買ってくるものを着るだけ、彼女が似合うという服を着ていれば無難という感じだったのですが、それは私の感性には全く合わないところも多々あります。何せ年の差がありますから、自分が自分らしいと思う服のメーカやサイズが彼女の感性とは合わない事に最近、気づきしました。彼女は”あなたの所得ならば別に10,000円超えシャツを着てもおかしくない”とPaul Smithのシャツなどを勧めてくるのですが、育ちが貧乏な私は”シャツに10,000円?さっきまでユニクロの3,000円と2,000円、どっちのシャツにするか悩んでいたぐらいだ”と伝えると信じられないという表情。私はユニクロの3,000円ぐらいのサイズ:XSのシャツと3,500円の股下85cm+ウエスト76cmのパンツが最もシルエットとして、しっくりくるのです。身長が168cmですから、SのシャツではOutで着る場合に、長くだらしなくなり、さらに股下が70cm代のパンツだと短すぎて、短足に見えてしまうことを体感的に知っているのです。それを私は長い間、自分でも偽って、全てをTakeo Kikuchi(TK)で揃える様なことをやっていました。実は冬の服はTKの作りでもバランスは取れるのですが春から夏は作りが大きすぎて、全体的にずんぐりむっくりのシルエットに見えてしまい、若ければ良いのですが、50代ではあまりにもみっともない。食べ物に関しては、妻とデートとして外食する場合を除き、本当に美味いものは、相当に単価の安いものです。妻とデートする場合は、妻と過ごす快適な空間とサービスにお金を支払っているわけで、ちょっと意味が違います。食べたいもの選んで食べて良いという基準でいけば、私が好きなものは、エビフライ、ジョリパスのパスタ、リンガーハットのちゃんぽん(高級中華料理店ではない)、王将の餃子、魚肉ソーセージ、さんまの缶詰、わかめラーメン、宅配ピザ、ビスヌというインドカレー屋のチキンカダイカレー+インド米、そして極め付けは長崎人らしく、ニッキーのトルコライスなどです。これらを毎日ローテーションしていれば、おそらく幸せだと思います。よく何が食べたい?と妻に聞かれますが、私の好みでは彼女とのデートとしての食事は演出できないので、ほとんど、ビスヌかニッキーを選択しますし、作ってもらう場合も、私の好みは絶対に彼女は作れません。しかし、私は匂いのきつい、牛肉や豚肉は絶対に食べないので、お金はいくら使っても良いから高いものを、それが難しいならば、毎回、鶏肉が良いということは正直に伝えています。また、長崎人だから魚が好きなんじゃないか?というのは完全な偏見であり、シャケとさんま以外は食べれません。こういうことは正直に言っているので、まだ、幸せかもしれません。パソコンがMacしかダメなのは、Logic Proで作曲がしたいから、Montblancの万年筆を使っているのは書き味が好きだし、持っていることが自体、格好が良いからという、はっきりした理由はあるのですが、そこまで断言できるほど、他を試した上で言っているのか?と追求されればだんだん怪しくなります。ギターはOvationとGuildを使っていますが、Ovationは完全にブランド選んでいて、この2つのギターはあまり、人が持っていないメーカを選んでいる節があります。でも、試奏して自分にしっくりきたから買ったわけで、通販で即買いしたものではない事だけは伝えておきます。究極は自分のやりたい事です。GWは妻に付き合って、買い物に同行したり、溜まっていたビデオやHULUの映画などを鑑賞したりしていますが、これも妻と行く外食の様なもので、それをやりたいからやっているわけではありません。妻との時間を共有できる時はそれを優先すべきだと言い聞かせて実行しているのです。じゃあ、何でも好きなことをしていいよと言われたら、間違いなく、独学や音楽をやることになるでしょう。妻が1人になりたい時間や寝ている時間を有効に使っている感じです。このブログも実は妻はテレビを見ていて寝落ちしていましたので、その時間に書き始めたのです。好きな物を買ったり、食べたりするのは、実はお金がかかる人もいるでしょうが、私は逆でむしろ、正直なればお金はかからないのですが、好きなことを実行する場合は、家族を不満にさせないという条件を満たした上で実行する様に心がけていきたいと思っています。私は放っておけば、歯止めが効きません。周りも見えない、時間も忘れて、どこまでも、やると思います。

外出自粛

 連休になると、日頃、やれない事をやろうとあれこれ考えるのですが、現在の様なコロナ禍では、東京や大阪ほどではないですが、県外への旅行も自粛要請され、飲食は20:00までの時短営業という事で家や近場でできることを選択することになります。ブログにも書きましたが、この連休でやろうと考えていたのは、1.支出の試算、2.古着の整理(転売)、3.iPhone 12 Proへの機種変、4.ラジオ英会話の集中的な構文暗記、5.自動制御理論の勉強、6.Pythonのプログラミングで、1,2は終わり、3はまだ少々迷っていますが、一応、現在、使用しているXSが2年目で二重払いにならない6月まで待つ事に決め、5は昨日から開始しました。今日はこのブログのあと、4から始めようと思っており、それなりに充実したGWを過ごせていると思います。こうやってみると自分は本当にインドアなんだなと思います。GWだからと旅行の計画を立てるとか、夏休みになったのでキャンプに行くとか・・1人の場合、そういう事には絶対になりません。もし、体力が衰えず、体型にも影響しないのであれば、おそらく、筋トレやRunningもやらないと思います。机に向かって何かやるというのが好きであり、アクティブではないし、疲れやすいです。でも一方で、必要な時に家族や自身も守れるだけの筋力や体力がないとか、油ぎった中年体型になるとか、そういうのはもっとも自分で自分が許せないので、義務的に最小限のエクササイズをしている感じ。スポーツやったり、観戦するのが、楽しいとか、旅行でワクワクするとか、そういう経験が全くないのです。やれば楽しいのかもしれないと思うこともありますが、やろうという気にならない。同じことがギャンブルやゲームにも言えます。大学生の頃ぐらいまで、パチンコとかトランプとかはやっていたことがあります。中高生の頃は将棋などもやっていました。だけど、いつの頃からか、賭け事はお金の無駄だと思い、一切やらなくなり、相手が必要なゲームは、それ自体が面倒だと思う様になって、誘われても断る様になりました。スマホやPCで気軽にゲームができる時代ではなかったし、ゲーセンでお金を払ってゲームをするほど、中毒でもなかったので、今もやりたいとは思わないわけです。社会人になるとゴルフ、麻雀、競馬などを同世代は先輩との付き合いでやりだすわけですが、学生じゃあるまいし、そもそも、時間外に会社の人間と会って、ゲームやギャンブルで遊ぶという感覚が自分には理解ができず、飲み会以外の付き合いは、やらなかったというのもあります。自己分析してみると結局、1人でいるのが好きなのです。今年のGWは義父の一周忌準備や財産分与の手続きなどで妻も1人で鹿児島に帰省中で、娘も高校生になって、ほとんど友人と遊んでいますので、非常に好都合。誰にも邪魔されずに、1人の連休を過ごすことができます。寂しいとは感じないのですが、私とは真反対で、いつも家族と一緒に居たいという同僚も居て、それは理解できても、全く理解できないのは、他人と一緒に遊んでいなければ気が済まないという人です。家族でも友人でも、気を遣うことで、自分は全くリラックスできないし、自分以外の好みに合わせて行動することになり、楽しくもないと思うのです。従って、家族サービスまでは、男の使命として理解できても、他人である同僚サービスとか先輩サービスはあり得ないだろうと思うのです。酔いで誤魔化せる飲み会ぐらいならば、付き合っても良いと感じですが、シラフで何かに興じるというのはあり得ないです。家族と旅行に行かざるを得なくなり、行ってみると、その地で、新たな発見があり、とても楽しい場合もあるのです。私がここに書きたかったのは、家族旅行が楽しくないではなく、自ら、そんな行動を取ろうしないということです。妻が勘違いして、全く、楽しくない人を選んでしまったと嘆いていたことがありますが、誰も旅行に行かないとは言っていない。行けば面白い事もあるし、つまらない事もあるだろうが、自分には、そもそも、どこかに行きたいなどという希望は全くないと彼女に言ったことがあります。放っておけば、ずーっと家からでることはないし、体験にお金を使わない。全く、それが苦痛ではないという、この性分は、コロナ禍に適しているのかもしれません。人によっては、外出制限で人と会っていない事で気が狂いそうとかいう声もある様ですが、私には全く、苦痛ではありません。海外の空港で乗り継ぎ7時間待ちですと言われたら、その地に一旦、入国して、観光し、時間を潰すという選択は取らず、そんな面倒なことをするならば、ずーっと空港のラウンジでお茶と軽食を取りつつ、書き物をしながら7時間を過ごすというのが私の性分。海外出張で同行していた同僚は本当にびっくりしていましたが、もし、出発に間に合わない様な事に、巻き込まれたらどうするの?と逆に質問し返しました。そんなことまで考えていないと同僚は言いましたが、私はそういうリスクも取りたくないのです。知らない場所に行くということは、やはり冒険であり、そんな冒険は今後もしないと思います。長崎で路面電車が通っている範囲。それが私の行動範囲です。必要なかったので、私には自動車の運転免許すらありません。

支出の把握

夏のボーナスも近づいてきたので、久しぶりに、2020年の実績をベースにして固定支出の計算をやってみました。細かく、ここには記載できませんが、6月と12月のボーナスが振り込まれた直後の預金X1(円)から振り込まれたボーナスの金額Y1(円)を引いたX1-Y1(円)で半年間に使ってきたお金を評価する様にしています。一方で光熱費等、固定支出Y0(円)を前年度実績で試算し、変動支出Z0(円)は予想し、前年度の所得X0(円)からそれらを差し引き、1年間で動かないはずの残額予想 X0-(Y0+Z0)(円)と実績の(X1-Y1)円を比較して浪費チェックしています。今年は6月にこの(X1- Y1)をチェックするわけですが、もし、ボーナス+給与が昨年度並みであるとしたら、Z0の変動支出が想定を上まっていない場合、(X1-Y1)はX0-(Y0+Z0)に近い値になるはずです。文字で書くとわかりずらいので具体的な例で説明すると、6月のボーナスが振り込まれた直後の預金がX1=500万円だったとします。振り込まれた今年の夏のボーナスがY1=150万円だったとすれば、冬のボーナス振り込まれた時点からその後、6ヶ月分の給与を頂いて、そこから半年間で使った固定支出と変動支出の実績を差し引いて残った金額がX1-Y1=350万円だったという事になります。一方、私が1年で受け取る手取りの年収X0=800万円で固定支出Y0=300万円、変動支出の予想Z0=120万円とすればX0-(Y0+Z0)=380万円は残るはずという試算になります。これで実際に残っている金額は350万円ですから、少なくともZ0の予想か手取りの年収X0のいずれかが、380万円-350万円=30万円少なかったと言えます。いや、何がなんでも380万円は万が一に備えて残すのだいう強い意志があり、仮にその原因が年収の減少にあったにしろ、浪費にあったにしろ、結局は変動支出のZ0を120万円から90万円に減らす努力をするだけです。また、半年ごとにボーナス振り込み直前の残金:(X1-Y1)を試算してボーナス月にトレンドで比較していけば、半年ごとの残金の推移を追うことができます。賢い専業主婦は毎月、毎月、家計簿をつけて変動支出Z0の推移を事細かに分析し、今月は何に使い過ぎたとか、あの買い物は無駄だったとかを評価して次の月にその反省を生かすのでしょうが、私はそこまでのシビアな管理はしたくないと思っています。ある年の年収から試算した年残高予想:X0-(Y0+Z0)にボーナス月の実際の残高(X1-Y1)が収まっていれば良いじゃないか?というゆるい管理です。使ってきた挙句、残金が0になったということではないわけなので、何も問題ありません。これとは別に学資保険や個人年金をかけており、今は固定支出ですが、結局、収入として戻るわけですから、さらに加算されます。少なくとも昨年12月のボーナスは昨年6月と比較すると下がっていたにも関わらず、実際の残高は年残高予想より多く残っていました。やはり、コロナの影響は悪いことばかりではなく、家にいる分、光熱費は多少上がっても、外で飲み歩いたり、遠出する機会が極端に減った事による節約されたお金の方が、それを凌いたということだと理解しています。娘が県外の大学に入学した場合の生活費を学費とは別に工面して月々15万円仕送る必要があるのですが、それをどこから捻出するか?というのも、この試算をやってみて明らかになりました。学資保険で学費は出せるので、今、高校や塾に支払っているいわゆる授業料やスクールバス代などは卒業と同時に0になる為、全部、そこに充てることができると、この試算で気づいたのは良かったのですが、やはり、60歳で完全リタイヤするというのは現実的ではない事にも同時に気づきました。まぁ、私がやっている試算は常に、同業者の嫁が一切、家庭にかかる固定費も娘の学費も出さないという想定の試算であり、当然、大学に行けば彼女も負担するので、結論として、完全リタイヤも夢ではないかもしれません。

英語学習:語順の重要性

 大西先生のラジオ英会話にレベルを下げ、英文としてはビジネス英語よりは平易な文章を聞きとり、暗唱する事で何か吹っ切れた様に英語学習が定着しだした様に思います。大西先生はこの講座の中で英語の語順の重要性を説明されていました。”私はボストンから離れていないところにある美しい湖を見渡すアパートに住んでいます”という例文が4月号のLesson1に出てくるのですが、これを英文にすると”I am livinig in an apartment overlooking a beautiful lake not far from Boston”となります。これを敢えて頭から会話風に和訳すると”僕は住んでるよ。アパートにね。それは美しい湖が見渡せるアパートなんだよ。ボストンからはそんなに遠くないよ。”という感じなります。優先的に伝えたい順にWordを並べ、どんどん後付けで修飾していくのが英語という言語の特徴だと先生は説明されています。私は住んでいる。→どこに?という質問が即座に返ってくるでしょう。その時に、何を言えば、相手にイメージが伝わりやすいか?①アパート?②美しい湖が見える事?それとも③ボストンから遠くない事?まずは、誰がどう考えても①のアパートですよね?もし、そうでなければ、アパートが②や③を説明する語句になるはずですが、そうはならないので、①は決まりです。では次は?アパートは③ボストンから遠くない事でも修飾できそうですが、次は②美しい湖が見える事がきています。では②と③を入れ替えると英文はどうなるか?”I am living in an apartment not far from Boston overlooking a beautiful lake.”となって、②美しい湖が見えるのは③アパートからそう遠くないボストンになってしまう事がわかります。美しい湖が見えるのはあくまでアパートなので、この語順は成立しません。冷静に考えてみれば、わざわざ英作文しなくても、わかるのですが、日本人が英語を聞き取れない、あるいは、話せない理由の1つは、読み、書きですら、この語順に慣れておらず、練習も十分にできていなかったというわけです。特に我々が中学時代、つまり、今から40年前、読みは日本語に合う様に、主語を訳したら、文末から後戻りして最後に動詞まで戻って訳を終える方法を仕込まれているので、まず、読む速度は遅いし、リスニングは文末を聞き取って動詞まで戻ろうとしている頃には、主語+動詞までは覚えていても、その途中の、実は最も重要な修飾部を忘れてしまっている為、正確に聞き取れないわけです。まずはスラッシュリーディングで前から訳す癖をつけなければ、いくら知っている単語を増やしても聞き取れる様にはならないのは無理からぬ事。書く事も、どうでも良い事から書く癖が日本語の語順でついてしまっていますから、先に示した例文の語順の英文がさっとは出てこない。これがスピーキングになれば、瞬発力を要しますから、もっと難しいです。同時通訳をたまにT Vで見ることがあると思いますが、頭から訳しているのがよくわかります。どんどん後付けで修飾しており、日本語としては、やや不自然に聞こえるでしょ。あれは英語の語順通りに日本語を言った結果だったのだと大西先生の説明で理解しました。ラジオ英会話を続けていく事で私の英語も少しはマシになるでしょうかね?頑張ります。

三度目の緊急事態宣言

東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に対する緊急事態宣言発令要否について明日、4/23に決定する旨、発表がありました。昨日の新規感染者数は東京:843人、大阪:1,242人、京都:128人、兵庫:563人で瞬時値で見れば、神奈川:252人、埼玉:227人、愛知:312人、福岡:243人の方が圧倒的に京都より多いにもかかわらず、この4県は含まれていません。大阪に近く観光地でもあるからという理由ならばわかりますが、それならば東京に近い神奈川や埼玉を含めて首都圏にも出すという方針が正しい様に思えます。4/20から福岡を除く3県は蔓延防止等重点措置(以下、マンボウ)が開始されたばかりという理由なのかもしれませんが、マンボウが経過、何日目だろうが、東京と同時に一気に緊急事態宣言へ切り替えた方が足並みも揃い良いのではないか?と個人的には思います。以下があるサイトから引用した2つの違いなのですが休業命令が出せるという点と命令違反の罰則が10万円ほど高いという点で緊急事態宣言が強い事はわかります。では、雇用調整調整助成金と休業支援金に関して差があるか?と言われれば、受け取れる金額に差はない様なのです。マンボウが適用されている地域は特例として緊急事態宣言の地域と同額が受け取れるという説明をしたサイトもありました。これが本当に正しい情報なのかは、深く確かめていません。また、この助成金や支援金は全員が満足する金額なのか?に関しても、業種も様々、生活レベルも様々であり、言及できないです。しかし、休業命令が出せるのは国にとっては望む方向のはずであり、この新型コロナ感染者数を抑えるには、専門家も躊躇なく緊急事態宣言を発令し人流を減らすしかないと言っているのだから、専門家に従った方針という事で問題はないはず。これにより、普通に考えれば、罰金で損をしたくない飲食店や百貨店などは休業命令に従うはずで、従った店には100% の支援金や助成金を国は出さざるを得ないでしょう。一方、マンボウの対象地域では時短命令に従わなかった店に罰金を課せるだけで、休業命令は出せないですが、もし、自主的に休業すれば、結局、国が補填する支援金や助成金は緊急事態宣言地域と同じなのでしょうか?それとも国は”時短だけしか命じていないのだから、休業した事による減収は補填しないよ”となれば、店は休業には要請されても応じず、逆に時短しか守らないでしょう。こうなるとマンボウの方が国が出す支援金や助成金は少なくて済みそうですね?国が緊急事態宣言をなかなか出さない理由にもなります。しかし、もし、そうならば間違っていると思いますね。自主的だろうが、命令だろうが、休業はコロナ拡大を止める事に貢献しているのだから、やはり、緊急事態宣言地域もマンボウ地域も同じ金額補填しなければ、やはり、矛盾すると私は思います。同じであるとすれば、単純な自粛レベルの差であり、緊急事態宣言の出された東京と大阪の近隣の府県は同時に緊急事態宣言地域にしてエリアで人流抑制するのが正しくないですかね?

伝えきれなかった思い

私は大学2年の頃、高校時代の同級生で何となく付き合っていた彼女の友人の女性を好きになっていました。その人は歯学部の学生で1年後輩で長崎市の出身ではなく佐世保市から来ていました。付き合っていた同級生の彼女とは何となく勢いで付き合ったという事もあって、全くのプラトニックであり、キスすらした事もなく、自然消滅状態でした。一方で、私は、その彼女の友人の事ばかり、毎日、気になっていました。決定的になったのは自分が、当時、属していた軽音楽のサークルに彼女が後輩で入ってきてしまった事です。正直、これはまずいと思いました。いつか、自分の思いは悟られるのではないか?と。まぁ彼女に悟られるのは良いとしても、付き合っていた同級生の事をあれやこれや詮索され、自然消滅にしてしまっている事も咎められやしないか?と気が気ではありませんでした。私は当時、19歳で成人にもなっていない貧乏学生であり、彼女はどう考えても、お嬢様。そのうちに、私より2つ上の医学部の先輩が彼女を口説き始めました。ソアラを乗り回していた、これまた、坊ちゃんの医者の卵にどう考えても勝てる気がしなかったし、当時の自分は相当な奥手でした。非常に酒飲みが盛んな時代であり、特にこのサークルは急性アル中を続出させる様な飲み方をしていましたので、彼女に思いを伝えられないもどかしさを、焼酎を煽り、泥酔する事で誤魔化していました。そのうち、自分たちがライブをする機会に恵まれ、学園祭のトリを勤める事になり、相当、気合いを入れて、挑みました。ところが、そのライブは会場も野外のライブハウス版の様なもので、客と自分達の距離は非常に近く、まともに演奏ができない状態。兎に角、酒は飲まされるわ、ひっかけられるわ、どんどんステージに押し寄せてきて、もっている実力を発揮できずに終わった、最悪のステージになりました。自分としては、こんなに出来の悪いステージはなく、落ち込んでいると、ライブの打ち上げに来てくれてた、この彼女だけが、とても良かったと褒めてくれたのです。上手いとか下手とかいう事ではなく、そのパンクな状態をかわしながら、一生懸命、立ち向かって歌っているロッカーの姿が良かったという事らしく、確かに彼女がやっている音楽もハードロックでしたから、何となくシンクロしてしまったのかもしれません。帰りの電車が無くなり、タクシーに乗れる金も持ち合わせていなかったので1時間ぐらいかかる距離を歩いて自宅まで帰ろうとしていたら、彼女は私を1人暮らしのマンションに泊めてくれる言ってくれたのです。でも、絶対に何もしない約束でと言われました。絶対に何もしないと決めていたので、そのまま眠れず、悶々として、朝を迎え、お礼を言って家を出たのですが、この時、彼女は偉かったですねって言ったのです。これは皮肉だったのか、本心だったのか?今、考えてもわかりません。この後、彼女は全く、私と話す事すらなくなりました。ただ、じーっと私を見ている視線を感じる事は何度かありました。彼女は2つ上の先輩と付き合い、その後、私のバンドのドラマーと付き合いだしました。その間、自分の心は隠してただ見守りました。その後、この軽音楽のサークルの事は黒歴史として封じ込め、彼女への思いを振り切るかの様に死に物狂いで大学院に合格し、卒業して、私は新しい彼女を作り、実家を出ました。彼女も数年遅れて、歯科に勤務医として勤めだしたのですが、どうも実家から1分の歯科に勤務していた様なのです。自意識過剰なのかもしれませんが、彼女は私の思いを知っていて、告白を待っていたんじゃないか?とも思います。私の人生の後悔は2つあり、海外出張中だったため、大好きだった祖父を見舞えず、可愛がってもらったお礼もいえず、死に目に会えなかった事と、この彼女に、本当の思いを伝えきれなかった事です。勿論、私は今の妻が大好きで結婚し、パートナーとしても最高だし、とても幸せです。ですが・・夢にこの彼女を見る事があり、やはり、どこか思いを断ち切れていないと思うと、妻に申し訳ないと思います。彼女は53歳。もう、お互い、初老と言ってもおかしくない年齢です。あちらも家庭がおありになり、どこで暮らしているのかもわかっていますが、訪ねていくわけにも行かないので、偶然にでも会えたら嬉しいと思っています。笑い飛ばしながら、正直に思いを伝えられたら最高ですけどね。

英語学習:レベルを把握する。

柴田真一先生のラジオビジネス英語と伊藤サム先生の現代英語の4月号を買って始めてみたものの、ラジオビジネス英語は何とか最後まで通せましたが、現代英語までは手を出すことができませんでした。現代英語の題材にしているNewsの記事を読むだけならば、無料で読めるし、リスニング教材としては、ちょっとレベルが高いと感じたのが、躊躇した理由の1つでもあります。一方、ラジオビジネス英語はさらに現代英語よりレベルが高いものの、何とか代表的な構文を覚えて自分の仕事で使える様になろうという気持ちで臨んだのですが、正直、あまり使わない様な現代風のWordや熟語が多く、自分の仕事で使うにはハードルが高いと感じました。リスニング教材として月火のビジネスシーンはまぁまぁ聞き取れる事もあるのですが、かなり難易度が高く、さらに木のインタビューコーナでは、スクリプトを読んでも、意味が分からない状態。1つ心残りがあって、水曜日はメールの書き方を学ぶ教材になっていて、ここだけは役に立つので続けたいと考え、テキストだけでも買い続けようかとも思ったのですが、550円はちょっと高いと思って断念しました。そんなこんなで、自分はまだB1レベルぐらいが丁度良いと判断し、今年は、大西泰斗先生のラジオ英会話をじっくり続けることにしました。メトロ書店に行ったら、すでに5月号になっていて、4月号のテキストの在庫がなく、それはNHK出版から通販で買う事にし、4月号と5月号のCDと5月号のテキストだけを購入しました。特に4月をマスターしなければ5月に進めない程のカリキュラムではない様だったので、早速、5月から始めてみましたが、英会話に必要な文法のマスターを目的とした講座で、DIALOGで使われている単語も高校生程度で聞き取りやすく、これならば、続きそうです。ですが・・じゃあ、和文を英文で言えるか?と言われると、全く歯が立たないし、やはり、DIALOGでも、たまに聞き取れない部分があります。あぁ、やはり、自分はまだ、ビジネス英語(B1-C1)とか現代英語(B1-B2)のレベルにはないという事を自覚しました。AEONに2年ほど通ったというプライドやTOEICでも一応、600点以上はマークできていたので、何故、NHKラジオ英語講座のレベル判定で、毎回、B1になるのか?と不思議でしたが、やはり、これが自分の力なのだと自覚しました。確かに、ビジネス英語も現代英語も”B1の人からお勧めですよ”とはなっていますが、B2-C1の内容も含まれているので、難易度が高いというのは当たり前で、このB1というレベルだって幅があるはずで、B1でも極めてA 2に近いレベルの可能性だってあります。自分の英語のレベルはB1であるという自覚を持って、このラジオ英会話を続ける事でB2に近いB1になったら、次は現代英語やビジネス英語へチャレンジしようと思います。もう1つはアルク社から出ている”究極の英語リスニング”という教材があり、Vol.2−Vol.3を持っているのですが、あまりにもスローで舐めてかかっていた為、簡単すぎて断念したという状態で放置していました。しかし、試しにディクテーションしてみたところ、Vol. 2でさえ、絶対に一発では書き取れない事が判明しました。要は聞いているつもりになっていただけ。確かに、”この質問に答える事を前提にテキストを見ずに聞いてください。”となっている質問には答えられるのです。しかし、ここで使い方を誤っている事に気づきました。英語で質問に答えられる様に聞き取るという使い方が正しいわけです。頭で何となく分かった・・イメージは掴めた・・あぁこれではダメだなと思い、きちんとディクテーションする事にしました。これで集中力がアップできて、漏れなく聞き取れたら、Vol.3へ進むつもりです。

小さな幸せに気づく

 ”全てを手に入れたが、僕は全く幸せを感じなかった。”というのは、矢沢永吉さんがトーク番組で言った名言です。もう1つコンサート後の打ち上げで”こんな美味いビールが飲めるならば、俺、ギャラいらない。でも製作費に金かかるから、ギャラ頂戴。”というのもあります。私は矢沢さんのファンではないですが、この2つの言葉は私の中にずっと教訓として残っていて、幸福とは何か?に答えを出すヒントになっています。一言で言えば、矢沢さんは”欲というのは限りがない。”という事を知り”小さな事でも日々、感謝して生きるべき。”という事をおっしゃりたかったのだと思います。希望した大学に合格し、卒業して、希望する会社に入り、若い頃から欲しくて欲しくてたまらなかった物を働いたお金で手に入れ、大好きな女性にプロポーズしたらOKしてもらって、結婚をし、マイホーム、車、家具・・など、2人の好みを探りながら揃え、やがて、子供にも恵まれる。これだけで十分、幸せです。しかし、この幸せな空間にも、日々、不幸につながる火種は燻っています。ちょっと会社で上司と反りが合わず、イライラして、それを家庭まで引きずり、奥さんにぶつけてしまう。一度ならば我慢もできるが、度重なると、やがて、奥さんも受け止めきれなくなり、限界に達し、爆発。そこで、初めて、可愛かった彼女に鬼嫁の一面を見る。一度、面が割れれば、もはや、隠す意味なし。そういえば、あれもこれも気に食わなかったと、どんどん過去の事を引きずり出し、2人で納得して揃えたはずの生活必需品や家具にまで、”本当は好みじゃないが、妥協してあげただけで、本当はあれが欲しかったのだ”と、難癖をつけだす。甘かった新婚時代から10数年足らずで男女の時期を過ぎ、やがて、子供は反抗期を迎え、全く寄り付かず、勉強にも身が入らない。働くだけでも必死なのに、今度は先生に呼び出され、子供の素行や成績の問題点を指摘される。自分の学生時代と比較して、あまりにも違いが多い為、理解ができず、ついには自分の苦労話や武勇伝を語り、受け流される。幸福の裏には、ちょっとしたきっかけで、この様なマイナスの事象が起こるわけで、それを不幸と言うわけです。登場人物も時代も空間も全く同じなのに、出来事に対する感じ方とその後の言動によって、幸福と不幸という全く違う空間になってしまうパラレルワールドの様です。全ては人間の欲。こんなはずじゃない、もっと、より良い何かがあるという向上心もいい加減にしておかないと、ただの苦行。さらに大事な妻や子供を、その欲に巻き込むなどもってのほかです。あぁ今日も一日、終わった。色々あったが、ランニング行って、風呂入って、ビールでも飲んでくつろぐか・・これが幸せだと最近、つくづく思います。私の晩酌代はビール 1本で250円 /日。赤&白ワイン:1,200円 x 8本/月=9,600円/月で320円/日。合わせて570円/日です。ここにナッツやチーズなどのつまみを乗せても1,000円/日かからない。年金暮らしで、これを続けても、おそらく大丈夫だと思います。会社を辞めたら、昼は図書館か家で好きな勉強や読書をして過ごす。部屋にはギターもあるし、英語の教材も大学の専門書もMacもある。庭に出れば季節で草花が見れる。自宅から15分歩けば自然があり、電車一本 で120円で市街地にも観光地にも行ける。大好きな妻と生意気だが可愛い娘が側にいて、階下暮らす両親が元気ならば、何も望むものはないわけで、十分、幸せだと思う様になりました。