オリンピック/パラリンピック

 私は野球やサッカーを始め、あまりスポーツ観戦が好きではないのですが、さすがに、ここまで難航すると、1人の日本人として、東京オリンピック/パラリンピックには触れざるを得なくなります。東京に開催が決定してから、コロナが蔓延する以前から、会場の費用、ロゴの盗作、招致をめぐる汚職疑惑によるJOC 竹田会長の退任、最近では、森さんのセクハラ発言による辞任まで、まぁ、まるで、”東京で開催することを神が拒んでいる”かの様な障害が続きました。何故、よりによって日本での開催年にコロナが蔓延したのか?と、中国のコロナウィルスによる策略的な人為パンデミックまで疑いましたよ。もし、事実ならば、実際に中国もコロナの被害国ですから、オリンピックの開催を阻む為の肉を切らせて骨を切る戦略としては、あまりにも被害甚大と言わざるを得ないのですが、何と言ってもあの人口ですから、その程度の事はやるのではないか?と思ったのです。多分、現実的ではないですが、本当についていないと言わざるを得ない。このオリンピックの主旨は何か?私が知る限り、コロナウィルスを制圧できている前提で海外の選手やお客様をご招待し、震災から復興した日本を世界にアピールする事ではなかったでしょうか?コロナウィルスの脅威が日本または東京に内在している状態でいくら4年に一度しか出場のチャンスがないとは言え、まず、海外の選手達がそんなリスクを犯してまで、来てくれるか?という話です。私が外国人で娘が選手だと仮定して、もし、4年後、自分は出場できるかどうかわからないから日本に行かせて欲しいと言ったら、4年後、出場できる様に努力することに専念し、今回は日本に行かないで欲しいと、説得すると思います。もちろん、自国もそれなりにコロナウィルスが蔓延しているという前提であってもです。外国ではどんな変異種が潜んでいるか、また、それが自分たちにどの様な影響があるのか?全く、未知なのですから、非常に不安を感じます。無理に行って、出場するまでに感染すれば、出場できないばかりか、今度は帰国もできなくなる可能性があります。外国である以上、その国の国民の感染者が優先されるわけで、外国人が、きちんとした設備のある病院へ入院でき、そこで適切な治療や看護を受けられる保証もありません。どう考えても、今の日本に行くことが娘にとって良いことだとは思えないでしょう。そういう感じで、まず、選手が集まらないでしょう。観客はTVを見れば良いのですから、よほどの思い入れがない限り、日本に来て会場で観戦したいと言う人は少なく、チケットの払い戻しになるでしょう。これによって期待する収益は得られないので、リスクを恐れず、ある程度の選手が参加し、無観客で開催できたとしても、おそらく、期待する経済効果は得られず、赤字で実行することになります。さぁ、この約63万枚と言われるチケット減収による赤字はどこから補填されるのか?橋本さんの後を受けた丸川オリパラ担当大臣は明確に東京都が考える事と主張していましたね?彼女の主張は正論で、国は開催都市契約の当事者ではないというのがその裏付けです。小池都知事も言われるまでもなく、その覚悟はあるはずですが、事さらそれを取り立てて釘を刺すのは、私も大人気ないと思いました。ウィルスが蔓延していること、国策によって抑制できていないことに端を発しているのに、この赤字が国に責任がないと言う主張は、私には全く理解できません。東京都が何か国の意向を無視して、単独でコロナの蔓延を拡大したのですか?たまたま、オリンピックの主催都市が東京都だったというだけの話で、東京都は日本国の管理下ではないですか。一丸となって震災からの復興をアピールするのは、東京都ではなく国。それがオリンピック・パラリンピックの目標であった事を、もう忘れているとしか思えません。聖火リレーは一体どこを走っていますか?福島をスタートして日本を走っているのです。契約者がどうであれ、これが国のイベントであることは明らか。なぜ、国は手を差し延べようとしないのか?だから、日本は一枚岩になっておらず、危ういと外国から思われるのですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です