クリスマスプレゼント

私は妻と結婚して16年になりますが、それ以来、ずーっとクリスマスと誕生日はプレゼント交換をしています。バレンタインデーも3年前ぐらいまで交換していたのですが、娘やペットの猫、それにだんだんお互いの親に対して支出が増える事と私が痙攣性発生障害のリハビリ等で県外の病院に定期的に通う交通費等でお金がかかる為、私から申し出て、チョコだけにしています。このプレゼントというのは、最初のうちはネタが豊富にあるので、サプライズになるのですが、だんだん、マンネリ化してきます。父母に対しても父の日や母の日に色々、贈っていたのですが、必要のないものを贈ってもと考え直し、今は現金を渡しています。妻の場合はクリスマスは光り物、誕生日はバックや手帳等の皮もの、コート等の無難なアウターに落ち着いてしまい、それ以上のものはなかなか出てきません。それで、子供の頃のクリスマス会を思い出しました。クリスマスでプレゼントをクリスマスソングに合わせて回して行き、歌が終わったときに手元にあるプレゼントが自分の物になるというクリスマス会は皆さんも経験があると思います。何が入っているのか?とドキドキしながら開けたものですが、これをあらかじめ、欲しいものを書いた紙でクリスマス会の前に回して、受け取った人がその紙の内容に従って、相手にプレゼントを贈るという事にすれば、考える手間も省け、当たり外れも少なくなり、Win&WInじゃないのか?と考えた事があったのです。それで今年は妻に、お互いが今、欲しいと思うものを事前に教えあうのはどうか?と申し出ました。おそらく妻もマンネリ化には身に覚えがあったのか、あっさりとOKしてくれました。私は前々からランニング用のジャージが欲しかったので、ランニング用とは言わず、君とウォーキングや買い物に行く時に、さっと着て街中を歩いても恥ずかしくない様なデザインのジャージが欲しいと伝えました。ピンからキリまででしょうが、妥当な金額のものを選べるはずなので、我ながら、なかなか、うまいチョイスだったと思います。本当は万年筆や私服や作曲に使うオーディオインターフェイスやギター等、そりゃあ、たくさん欲しい物はあります。しかし、そんなものを口に出して欲しいと言えば、相当悩むだろうと思ったのです。それでジャージにしました。さぁ、彼女はまだ、何も言って来ませんが、一体、何をチョイスするでしょうか?できるだけ具体的に伝えてくれることを祈るばかり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です