ツバメノートへ転身

 最終的にツバメノートA5サイズに落ち着きそうです。もっとも、インクフローが多く、EFで国産のFの太さのあるLammyでしかも石丸で購入したカクテルインクで書いて、裏抜けや滲みがなく、Montblanc146のEFで引っ掛かりがなく、さらに乾燥も早い。これ以上の紙質のノートはないかもしれません。万年筆ユーザとしては非常に、気に入りました。価格はAmazonで4冊で968円。1冊は30枚綴じで242円なので、60ページとすれば約4円/ページ。一方、LEUCHTTURM1917のA5サイズは1冊 251ページで3,190円なので、約13円/ページ。単純にページ数だけで比較すればツバメノートの方が3倍ほどのコスパの良さです。ですが・・このまま、紙綴じのツバメノートをカバンに入れて持ち歩き続けると、きっと、劣化します。そこでAmazonでCollasaroレザーノートを購入しましたが、Q&Aを見るとA5ノートを収納することができないと記載ありましたので、結局、返品しました。レザーノートとしてリフィルと一緒に購入する必要があった様なのです、好みのレザー調でモスグリーンだったので、非常に良いと思ったのですが、ツバメノートをカバーする事が目的なので残念です。これからカバーだけを購入しに行きます。あとはMonthlyのカレンダーシールが欲しかったので、以下のシールを購入しました。これは既にLEUCHTTURM1917でお試し済みであり、Montblanc 146では確実に滲む事がわかっています。スケジュールは変更が多いのでフリクションで書く方が良いのかもしれませんが、取り敢えず、多色ボールペンで記入していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です