外出自粛

 連休になると、日頃、やれない事をやろうとあれこれ考えるのですが、現在の様なコロナ禍では、東京や大阪ほどではないですが、県外への旅行も自粛要請され、飲食は20:00までの時短営業という事で家や近場でできることを選択することになります。ブログにも書きましたが、この連休でやろうと考えていたのは、1.支出の試算、2.古着の整理(転売)、3.iPhone 12 Proへの機種変、4.ラジオ英会話の集中的な構文暗記、5.自動制御理論の勉強、6.Pythonのプログラミングで、1,2は終わり、3はまだ少々迷っていますが、一応、現在、使用しているXSが2年目で二重払いにならない6月まで待つ事に決め、5は昨日から開始しました。今日はこのブログのあと、4から始めようと思っており、それなりに充実したGWを過ごせていると思います。こうやってみると自分は本当にインドアなんだなと思います。GWだからと旅行の計画を立てるとか、夏休みになったのでキャンプに行くとか・・1人の場合、そういう事には絶対になりません。もし、体力が衰えず、体型にも影響しないのであれば、おそらく、筋トレやRunningもやらないと思います。机に向かって何かやるというのが好きであり、アクティブではないし、疲れやすいです。でも一方で、必要な時に家族や自身も守れるだけの筋力や体力がないとか、油ぎった中年体型になるとか、そういうのはもっとも自分で自分が許せないので、義務的に最小限のエクササイズをしている感じ。スポーツやったり、観戦するのが、楽しいとか、旅行でワクワクするとか、そういう経験が全くないのです。やれば楽しいのかもしれないと思うこともありますが、やろうという気にならない。同じことがギャンブルやゲームにも言えます。大学生の頃ぐらいまで、パチンコとかトランプとかはやっていたことがあります。中高生の頃は将棋などもやっていました。だけど、いつの頃からか、賭け事はお金の無駄だと思い、一切やらなくなり、相手が必要なゲームは、それ自体が面倒だと思う様になって、誘われても断る様になりました。スマホやPCで気軽にゲームができる時代ではなかったし、ゲーセンでお金を払ってゲームをするほど、中毒でもなかったので、今もやりたいとは思わないわけです。社会人になるとゴルフ、麻雀、競馬などを同世代は先輩との付き合いでやりだすわけですが、学生じゃあるまいし、そもそも、時間外に会社の人間と会って、ゲームやギャンブルで遊ぶという感覚が自分には理解ができず、飲み会以外の付き合いは、やらなかったというのもあります。自己分析してみると結局、1人でいるのが好きなのです。今年のGWは義父の一周忌準備や財産分与の手続きなどで妻も1人で鹿児島に帰省中で、娘も高校生になって、ほとんど友人と遊んでいますので、非常に好都合。誰にも邪魔されずに、1人の連休を過ごすことができます。寂しいとは感じないのですが、私とは真反対で、いつも家族と一緒に居たいという同僚も居て、それは理解できても、全く理解できないのは、他人と一緒に遊んでいなければ気が済まないという人です。家族でも友人でも、気を遣うことで、自分は全くリラックスできないし、自分以外の好みに合わせて行動することになり、楽しくもないと思うのです。従って、家族サービスまでは、男の使命として理解できても、他人である同僚サービスとか先輩サービスはあり得ないだろうと思うのです。酔いで誤魔化せる飲み会ぐらいならば、付き合っても良いと感じですが、シラフで何かに興じるというのはあり得ないです。家族と旅行に行かざるを得なくなり、行ってみると、その地で、新たな発見があり、とても楽しい場合もあるのです。私がここに書きたかったのは、家族旅行が楽しくないではなく、自ら、そんな行動を取ろうしないということです。妻が勘違いして、全く、楽しくない人を選んでしまったと嘆いていたことがありますが、誰も旅行に行かないとは言っていない。行けば面白い事もあるし、つまらない事もあるだろうが、自分には、そもそも、どこかに行きたいなどという希望は全くないと彼女に言ったことがあります。放っておけば、ずーっと家からでることはないし、体験にお金を使わない。全く、それが苦痛ではないという、この性分は、コロナ禍に適しているのかもしれません。人によっては、外出制限で人と会っていない事で気が狂いそうとかいう声もある様ですが、私には全く、苦痛ではありません。海外の空港で乗り継ぎ7時間待ちですと言われたら、その地に一旦、入国して、観光し、時間を潰すという選択は取らず、そんな面倒なことをするならば、ずーっと空港のラウンジでお茶と軽食を取りつつ、書き物をしながら7時間を過ごすというのが私の性分。海外出張で同行していた同僚は本当にびっくりしていましたが、もし、出発に間に合わない様な事に、巻き込まれたらどうするの?と逆に質問し返しました。そんなことまで考えていないと同僚は言いましたが、私はそういうリスクも取りたくないのです。知らない場所に行くということは、やはり冒険であり、そんな冒険は今後もしないと思います。長崎で路面電車が通っている範囲。それが私の行動範囲です。必要なかったので、私には自動車の運転免許すらありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です