指示無しの会社

 この歳になると40代半ばぐらいまでは想像できなかった様な、指示のない待機状態が増えます。特に何か仕事を拒み続けたわけではないのですが、上司も指示する部下は手放しでは心配な若い社員だけに減らし、自身のやるべき事に集中したいという気持ちはわかります。ある意味、裁量性になっているわけで1年に1回、大きな課題を設定し、それを自分で具体的な計画にして申請し、日々、実行する事になります。若い頃は、こんなものは、お約束で実行できるはずもなく、日常業務に忙殺され未達で終わることばかりでしたが、ある時期から、これが、自分の仕事の割合を占める率が高くなりだしました。きっと我々の年齢層に与える仕事がないんだな・・うちの会社もやばいのか?と思っていましたが、相変わらず、上司と30代-40代前半は多忙を極めています。最近は労基の目が光っていますから、サービス残業もできないし、過少申告すれば罰せられる為、以前より実質の総労働時間は減っており、我々も加勢した方が良いはずなのですが、そういう仕事を受けたと言う話は周りの同世代からも聞いた事がありません。最初から生産性の高い、ある意味、泥臭い仕事の頭数には入っていない様なのです。面談が年に2回ほどあるので、その時に加勢できる事を言うし、空いている時には空いていると宣言しているのですが、頼みづらいのか?依頼する段取りが面倒で、若い社員へ雑に投げた方が早いと思っているのか?なかなか、指示として出てこない。一応、30年近くの実績があるので、頼れる人脈も若手よりはあるし、要領も良いはずで、複数の仕事を回せる分、仕事を裁くだけならば有効である事は分かっているはずですが、いつも、決まったメンバーだけが苦しんでいる。こちらから突っ込んで悩みを確認してみると、私たちから見れば、全然、大した事ではない事を、時間単価の高い正社員が何時間もかけて協議している事が多いわけです。事はそんな簡単ではないというのもバックグランドを知っていればあるのかもしれないし、知らぬが故に私だけがブレークスルーさせる事ができる様な灯台下暗しの状態もあると思います。しかし、そのケースでは、何れにしろ、彼らが3日間も悩んでいた事を私は30分で結果を出し、それで済んだというのが事実で、彼らが起こりもしないリスクを考え過ぎていたという事だったわけです。まぁ、私にしてみれば、なぜ、早く言ってくれないのか?なのですが・・しかし、この一件を振り返って、あとで気づいた事があります。私に、さっさと裁かれるのが嫌だから依頼しなかったのではないか?あるいは、彼らは悩んでいる事で仕事をしている実感があったのではないか?と思ったのです。つまり、彼らは悩んではいたが、苦しんでいたわけではなく、数学の難問の様な課題にみんなで挑んでいただけではないか?と。正直、余計な事をしてしまったと思いました。なんでも早く片付けて帰るのが良いとは限らないというのを悟った様な気分になりましたが、私にはそういう感覚は一生理解できそうにもないので、せめて、余計なお世話は焼かない様に心がける事にしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です