放任主義

このブログについて

 高校生の娘が1人いますが、私はあまり彼女を干渉しません。夜、彼女が遅く帰ってもすでに寝ていますし、この時刻より遅く帰ってきてはいけないと妻から一応の門限を提示されているにも関わらず、それを破るわけですから、何があってもそれは自己責任です。私は娘が自分の責任でやったことで失敗しようが、死のうが、それは運命だと思っています。しかし、彼女を産んだ母親である妻の愛情は全く別の話であり、それは父親の自分のそれとは比較にならないほど深いです。妻も働いているのですが、働いていながらも気がきではない。私は妻より早く上がって家にいることが多いですが、仕事が終われば自分の時間を楽しんでおり、門限を守らず遊んでいる娘など知らんというわけです。じゃあ、高校生である18歳までは心配すべきだが、20歳以降は心配しなくても安全だという保証はどこにあるのか?という話なのです。16歳で中学卒業して働いている子もいれば、母親になっている子もいる。その子たちが県外や外国で暮らしていたとしましょうか。どうやって夫婦でこの子の安全を守ってやれるのか?18歳未満は両親が安全を守る義務があるんじゃなかったのか?じゃあ、学生の間だけ守ってあげるというのは理屈としておかしいでしょ?というのが私の理屈であり、彼女を放任する理由です。私は彼女には自分の身は自分で守れる様になれと言い続けています。運が良ければ、他人が助けてくれるが、普通、他人が自分の為に血を流して守ってくれることはありえないと教えています。言い換えれば、自分で自分を守れないような、危険なことはするなということを教えています。これだけ言っておけば、娘の帰宅時刻は問題ではなく、彼女が自分で身を守れるのか?という本質的な問題であることに気づくはずですが、まるで門限を守らないことが問題であるかの様に騒いで事を荒立てる方が私はおかしいと思っています。娘が死ねばそれは悲しいが、交通事故で死ぬこともあるし、殺されることもあるわけで、それは全て彼女の過信がもたらす失敗であって普通は守り様がないことばかりです。

もう1つは娘が勉強をしない問題。

”自分はこの大学に行きたいが自分の今の学力はこのレベルなので、より勉強をしなければならない。特にこの教科が弱いのでより時間をかける必要があるし、場合によっては塾に通って補強する必要がある。”

高校生が勉強をする理由について、私はこれ以外の理由を思いつきません。では、勉強をしない理由は何でしょうか?まぁ、聞けば、きっと、色々、並べてきますよね?それもやらない理由ではなく、できない言い訳をしてきます。この言い訳の元は簡単で、色々言っているが、

”勉強で苦労はしたくないが、試験には合格したい。合格したら、親に束縛されることない県外の大学でキャンパスライフをエンジョイしたい”

という都合の良い、願望に尽きると思います。もちろん、私の学生時代は違っていたと言うつもりはなく、私も彼女と同じでした。しかし、経験上、そんな都合の良いことは起こらないので、娘には地道に勉強をする様に言っていますし、結果は定期考査や模試に現れるので、そのテストの点数や番数が下がれば、どんなに時間をかけようが正しい方法で適切な時間をかけて勉強やったとは評価されないと伝えてきています。したがって、テストの結果が下がり、目標とする大学に落ちることは自己責任であって、親はどうする事もできません。もっと、しつこく起こしてくれれば遅刻せずに済んだのにと親に逆ギレする子供がいますが、あの屁理屈と、もっと、親がしつこく言っていれば志望校に落ちることなかったのではないか?という屁理屈は、全く、同じことで、親がしつこくフォローしようがすまいが、合否は結局は本人次第なのです。

これら当たり前のことに対して、私は正しい道を伝えた後、娘がその道を進もうが、外れようがそれは娘次第であり、我々の問題ではないと周りには公言しています。これに対して私の両親も妻も私を放任主義が行き過ぎた父親だと見ている様で納得いかない様子。これが来年も大きな課題になりそうです。私は自分が親の言いつけを守らず、失敗したということはあっても、そこに親を巻き込んだ覚えは全くないため、私にはその不満の意味が理解できないのです。

投稿者: KAZU

生まれも育ちも長崎で長崎在住のブロガーです。仕事はエンジニアで普通のサラリーマンでブログです。このブログは主に3つのカテゴリーで構成していて1つは仕事術や図解などノウハウブログ、もう1つは自身や目標を立てて取り組んでいる事などを紹介したチャレンジブログ、そして最後は万年筆、Mac、ギターなど私の好きなものを集めたホビーブログです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です