日本企業のパワハラ問題

最近、我が社でも自分と同世代の50代が20代-30代の若い社員から訴えられているケースが頻発している様ですが、たとえ仕事だけの付き合いとは言え、お互いが必要以上に親密になれば、男女問わず、今後、ますます増える問題だと思います。ケーススタディで色々、勉強する機会はあるのですが、正直、現場はそんな極端な例題がいきなり火種になる事はなく、見ている限り、絶えず燻っているという感じがします。50代が20代-30代の意見を尊重するということは、まず、よほどのことがない限り無理です。しかし、パワハラ抑制の基本は相手の立場で物事を考え言葉を選んでコミュニケーションを図る事にありますから、この時点で無理だと思っているのです。誰が考えても多くの場合、その業界においては20代-30代が50代を仕事で指導できる様な組織構造にはなっていません。それは勤続年数が短い中で一生懸命、努力し、実務能力が極めて高い20代-30代が居たとしても、何の努力もせず、時代に乗って上手く生き残ってきた50代にすら、絶対に逆えない倫理観が元々、我が国にあり、そうであれば、企業ではそれに準じた組織運営しかできないからです。つまり、年長者を敬う日本文化が、会社では実力、実績に関わらず長く勤めてきた者を崇拝する倫理観に繋がり、それがパワハラの原点になっていると私は思っています。年長者を敬うのが悪だと言っているつもりはないので、誤解なさらないでください。その国にはその国の倫理観に沿った原因があるはずで、パワハラやイジメというのは永久に人間社会からなくなる事はないと思っています。私の考えとして、ここで述べているのは、日本の企業におけるパワハラの原因です。早い人は18歳で就職し、一応定年の60歳まで勤めると仮定すれば、どんなに頑張っていても、大体、自分の将来が朧げながら見えてくると、どこかでトーンダウンします。経験的には今から約10年前の45歳を超えたあたりでしたが、”もう、いいかな”と思う時期が私にもありました。この”もう、いいかな”は、”やる事は全部やり尽くした、だから、もう悔いはない。”という意味ではありません。”どうでもいいかな”の”いいかな”です。要はもう、自分は”字も見えにくく、無理も効かず疲れやすくなってきたので、後輩に最前線を任せ、どちらかと言えば指導側に回るべきかな”と思うわけです。私の場合は、40代は管理職が多かったので、実務上の責任も負っていたわけですが、それでも、指導が主体であり、現役ではなかったと言えます。最初はこれまで一緒に戦ってきた、当時の30代-40代にはRespectされ、指導もスムースなはずです。まだ、戦士のオーラの様なものが残っているからです。ところが、これが10年ほど経つと、だんだん、”最近、あの人、ほとんど定時で上がっている様だし、一体、何をしているんだ?口先だけじゃないか。”という評判が立ち出します。そもそも管理や指導に残業を良しとしないムードがあるので、やりたくてもやれない状態になります。当時、一緒に働いていて、自分をRespectしてくれていた30代-40代はそれぞれ40代-50代になり、もはや、指導する立場。指導とか言っても、実務を教える相手はいません。現場の方はだんだん、20代-30代が主力になって、声が届きにくくなります。インフラもシステムもどんどん便利になり、使い方を知らない50代が下手に触ると仕事の邪魔になり兼ねません。現役の手伝いもできないということになります。昔ならば、年金も十分ならば早期退職するか、あるいは、55歳ぐらいで、協力会社への出向し、バイト程度で食い繋ぐ手もあったのでしょうが、それを選択できない年金事情もあり、65歳まで雇用を延長する道を選ぶ人がほとんどです。つまり、職場を変えずに何か仕事をしなければならない為、20代-30代と接さない仕事だけをやり続ける事は、ほとんどの場合、無理です。身内でもない20代-30代はもはや、息子、娘の年齢であり、文化も言葉も違う為、毎日、仕事上の付き合いとは言え、言葉使いや態度に違和感を感じるはずです。実は自分も若い頃、同様に当時の若者では常識とされている言動をとって、散々、ベテランに怒られた経験があるわけで、その経験があったからこそ、今、こうして生きながらえていると考えると、注意をしたくなります。ここで失敗するのが、”当時の自分の怒られ方を今の若者に対して再現してしまう事”です。注意はしていいのですが、その言い方がパワハラになりかねない。もっと言うとパワハラになりそうな注意しかできないという事です。違和感=この野郎・・になってしまいます。注意された若者は、そんな怒られ方を親でもないアンタから何故、僕がされなければならないのか?という思いはあるが、いまだ年功序列の日本企業では、都度、その不快さを発した相手に伝えても良い企業環境ではない。耐えているうちに、鬱になるか、匿名の告発と言う形になるのだろうと思うわけです。若者の問題でなく、年金または関連企業への再就職の問題のいずれかを解決しない限り、日本企業のパワハラ問題は無くなりません。親子ほど離れた世代が一緒に働く職場環境が、そもそも、今は通用しないと言えるのですから、互いが密に接さずに1チームでOutputを出せる環境に変えなければ、改善しません。では指導や技術を伝承できないではないか?という人もいるかもしれませんが、それは、今はVRもSNSもあるのですから、いくらでもできますよね?再雇用という形態は、やはり、考えものだというのが、私の意見です。再雇用で残ってくださいと若者から求められる人だけの権利としてはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です