立ち位置

私は、日曜日に放送されている半澤直樹とほぼ同期で、そろそろ、バブルも終わりつつある平成の初期に就職した世代です。入社して間もなく30年を迎えますが、上司もほとんどが後輩になってしまいました。お世話になった先輩方も1人、2人・・と60歳で定年を迎えられ、そこから、ほとんどの方が再雇用で5年間勤められた後、65歳で完全にリタイヤされている様です。自分達の時代はパソコンもスマホもなく不便で、こんなに苦しかったとか、こんな豪傑が居た等という話はここに書くつもりもないのですが、目下、悩んでいるのが、自分の立ち位置です。現役である以上、やはり、降りかかってくる火の粉は払わなければならないし、危うそうな仕事ぶりには意見せずには居られません。何気なく発した一言によって上から下まで私の意見に染まって、本来、主体的であるべき世代が決断したり、リードしたりできない状態になっている様で、”あぁ今日も、また、要らぬ世話を焼いてしまった”と自分に嫌気がさす事が増えてきています。現場時代の瞬発力や即決力が、まだ、残っている為、見るに見かねてどうしても口を出してしまいます。古い型紙通りなので、リードミスはないのですが、私の現場時代よりはインフラやソフトが進歩しているので、それを活用したより効率的な方法を教える事ができないのが難点です。その方法を理解している中堅社員は就職氷河期の入社で人数が若手に対して少なく、下への指導に手が回らず、上への報告や接客に追われ面倒を見切れないという状態です。私と同世代の中には、すでに、男性ホルモンの低下が顕著に出ており、すぐに切れる人が多くなってきています。何故、これができないのか?と怒りながら指導していますが、その人のやり方をその若手は中堅社員から教わっていないので、困惑するばかり。離れた世代が仕事で近づき過ぎるというのも問題です。私が30代の頃の50代と言えば、もう、半分、眠りながら働いている様な老成した人が多かったので、仙人には近づかない事が暗黙の了解だったのですが、脳の劣化具合はその頃の50代とは変わらないのに、外見が若い為、若手も錯覚し、色々とパワハラまがいのトラブルも起こります。最近はできるだけ丁寧な言葉でメルマガとして発信し、使える情報があれば使ってくれというスタンスで接しています。”俺がメールしているのに何故、すぐに返事をしないのか?”と朝から怒っている同僚を哀れに思いながら、涼しい顔でメルマガなので捨て様が活かそうがそれは読み手の勝手、こちらも、あくまで自分の意見として記載しているので、強制はしないと前置きして発信します。こう書きながら、間違いはないので1つでも2つでも拾って参考にしてくれと願っています。拾ってもらえたら、とても幸せだし、拾ってくれなくても、それは仕方がないと割り切れる・・まるで、このブログの様です。精神衛生上は、このくらいの位置がちょうど良いと思っています。

投稿者: カズ

長崎在住の作曲やギターが趣味のブロガーです。共感して頂ける皆様と情報交換する事を目的に立ち上げたブログですので、気になる記事がありましたら、ご意見やコメントをお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です