英文のレビュー

このブログについて

 海外の仕事をしている人は英語を読み、英語を書くという機会は多いと思います。私も2000年ぐらいを境に海外顧客との仕事が多くなり、英語を使う機会が増えました。当時は文章や文字でのやりとりが今ほど手軽ではなく、我が社では、ようやく、メールが普及し始めた頃で、ほとんどが紙の図面かレターでした。時間はかかって良いので、フォーマルな文章を求められるのが当たり前で、今よりも気を遣って英文を何度も推敲していた様に思います。しかし、昨今、チャットやLineで文字会話が一般的になると、少々、砕けていても良いので短文で素早く要点を伝えることを求められる様になってきたと思っています。一方で海外顧客とやりとりの場合は、Lineでやりとりすることはできないし、それが許されたとしても、砕けた英語でやりとりするほどの英語力はないわけので、せいぜい、ビジネスの場ではメールが略式文書の限界だと思っています。

 メールはフォーマルレターではないとは言っても、今やビジネス文書として扱われる場合も多く、ビジネスの場ではエビデンスにもなりうるため、やはり、きちんとしたフォーマットで、且つ、筋道立てて書く点においては紙のレターと中身はなんら変わりはなく、自部門の上司や関連部署の決済を簡略化したものに過ぎません。代わりに対外発信する前に上司や関係部署レビューを受けた後で発信するか、軽い内容の場合は、何をやり取りをしているのかがわかる様にCC(写)に上司や関係者を入れて発信することが多いと思います。私の会社でも関係者のレビューを受けてメールやプレゼン資料を発信したりすることがありますが、この英文レビューは非常にストレスが溜まります。

 1つは作者としてのストレスです。それはレビューをする人の単語や言い回しに好みがあり、自分のメールや資料が自分にとって、馴染みのない文章に書き換えられしまうことです。私は技術系の仕事をしていますが、例えば自分の上司にレビューを依頼した場合にお互い同じ技術の仕事で飯を食っていますから、その文章を和訳した場合に言いたい主旨も使っている専門用語もほぼ同じなのです。ところが、どういう順番で序論から結論まで持っていくかという様な文章の組み立て方や専門用語以外の単語は好みの問題であり、下手をすると自分のオリジナルの文章が影も形もない様なレビューをして全面、書き直しで自分の文章を押し付けてくる上司や関係者がいるわけです。私はそのようなレビュー者には次に様な確認をします。

”あなたの英語が間違っているとは言わないが、この文書の発信者は私であり、この文書に対して先方から何か質問や苦情がきた場合、あなたが対応してくれるならば、このまま、あなたの添削した内容で発信します。そうではなく、私が矢面で対応するならば、英文法的な不備だけを指摘してもらえると助かります。私はあなたの英語には馴染みがなく、私はこんな英語は書かないからです。”

 そう言われた相手は悪気はなく添削しており、ましてや、対外的に矢面に立つ気もないため、大抵は引き下がるはずです。しかし、同時に英文法的な不備があったとしても、それも指摘してくれなくなるため、その文責は自分で負う覚悟が必要です。

 もう1つはレビューを担当する場合です。その文書の主旨も発信に至った経緯も何1つ説明せずに、いきなり英文のレビューを依頼してくる人がいるというのが非常にストレスになります。そもそも英文は、先に記載した通り、個人の好みがあり、他人の英文をスムースに受け入れることは難しいのです。私ならば絶対にこんな文章は書かないと思いながら、知らない単語を調べさせられ、こんなことを書いているのかなと想像をしながらレビューするのはかなりエネルギーを使います。自分はただのレビュー担当であり、文責は負わないことを伝えた上で斜め読みし、明らかな文法的ミスだけを指摘して早々に依頼者へ返すことを心がけています。きちんとレビューしてほしいならば、

1.まず何の目的でこの文書を発信するのか?

2.どういう内容なのか?

を和文でレビューしてもらった後、英文の文書をレビューしてもらうというやり方が良いと思っています。最近はチャットやLineの影響で、そもそも、この和文のレビュー段階において論理性にかけ、何を言いたいのかわからない場合が多く、英作文に行きつかない若い人が増えている様に思います。一方で私を含むシニアは言わずもがなで若い人にも自分の言っていることは理解されているという甘えや勝手な思い込みが目立ちます。私も気をつけたいと思います。

投稿者: KAZU

生まれも育ちも長崎で長崎在住のブロガーです。仕事はエンジニアで普通のサラリーマンでブログです。このブログは主に3つのカテゴリーで構成していて1つは仕事術や図解などノウハウブログ、もう1つは自身や目標を立てて取り組んでいる事などを紹介したチャレンジブログ、そして最後は万年筆、Mac、ギターなど私の好きなものを集めたホビーブログです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です