英語学習:レベルを把握する。

柴田真一先生のラジオビジネス英語と伊藤サム先生の現代英語の4月号を買って始めてみたものの、ラジオビジネス英語は何とか最後まで通せましたが、現代英語までは手を出すことができませんでした。現代英語の題材にしているNewsの記事を読むだけならば、無料で読めるし、リスニング教材としては、ちょっとレベルが高いと感じたのが、躊躇した理由の1つでもあります。一方、ラジオビジネス英語はさらに現代英語よりレベルが高いものの、何とか代表的な構文を覚えて自分の仕事で使える様になろうという気持ちで臨んだのですが、正直、あまり使わない様な現代風のWordや熟語が多く、自分の仕事で使うにはハードルが高いと感じました。リスニング教材として月火のビジネスシーンはまぁまぁ聞き取れる事もあるのですが、かなり難易度が高く、さらに木のインタビューコーナでは、スクリプトを読んでも、意味が分からない状態。1つ心残りがあって、水曜日はメールの書き方を学ぶ教材になっていて、ここだけは役に立つので続けたいと考え、テキストだけでも買い続けようかとも思ったのですが、550円はちょっと高いと思って断念しました。そんなこんなで、自分はまだB1レベルぐらいが丁度良いと判断し、今年は、大西泰斗先生のラジオ英会話をじっくり続けることにしました。メトロ書店に行ったら、すでに5月号になっていて、4月号のテキストの在庫がなく、それはNHK出版から通販で買う事にし、4月号と5月号のCDと5月号のテキストだけを購入しました。特に4月をマスターしなければ5月に進めない程のカリキュラムではない様だったので、早速、5月から始めてみましたが、英会話に必要な文法のマスターを目的とした講座で、DIALOGで使われている単語も高校生程度で聞き取りやすく、これならば、続きそうです。ですが・・じゃあ、和文を英文で言えるか?と言われると、全く歯が立たないし、やはり、DIALOGでも、たまに聞き取れない部分があります。あぁ、やはり、自分はまだ、ビジネス英語(B1-C1)とか現代英語(B1-B2)のレベルにはないという事を自覚しました。AEONに2年ほど通ったというプライドやTOEICでも一応、600点以上はマークできていたので、何故、NHKラジオ英語講座のレベル判定で、毎回、B1になるのか?と不思議でしたが、やはり、これが自分の力なのだと自覚しました。確かに、ビジネス英語も現代英語も”B1の人からお勧めですよ”とはなっていますが、B2-C1の内容も含まれているので、難易度が高いというのは当たり前で、このB1というレベルだって幅があるはずで、B1でも極めてA 2に近いレベルの可能性だってあります。自分の英語のレベルはB1であるという自覚を持って、このラジオ英会話を続ける事でB2に近いB1になったら、次は現代英語やビジネス英語へチャレンジしようと思います。もう1つはアルク社から出ている”究極の英語リスニング”という教材があり、Vol.2−Vol.3を持っているのですが、あまりにもスローで舐めてかかっていた為、簡単すぎて断念したという状態で放置していました。しかし、試しにディクテーションしてみたところ、Vol. 2でさえ、絶対に一発では書き取れない事が判明しました。要は聞いているつもりになっていただけ。確かに、”この質問に答える事を前提にテキストを見ずに聞いてください。”となっている質問には答えられるのです。しかし、ここで使い方を誤っている事に気づきました。英語で質問に答えられる様に聞き取るという使い方が正しいわけです。頭で何となく分かった・・イメージは掴めた・・あぁこれではダメだなと思い、きちんとディクテーションする事にしました。これで集中力がアップできて、漏れなく聞き取れたら、Vol.3へ進むつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です