英語学習:英英辞典

何か特別なことをしなければならないと、週末になると心がざわつきます。休みなのでだらっと休んでいれば良いのですが、それを無駄と感じるのです。月曜日から金曜日までにやろうとしてできなかった事を消化すべきだという自分と月曜日から金曜日にやるべき事はやはり、翌週で挽回すべきであり、土日にしかできないことを設定して、土日は土日で別のことをやるべきだという自分がいて、揺れ動いているのですが、悩んでいる間に、色々、家族との付き合いなどもあり、先週と今週は、結局、何もできませんでした。今、これを書いているのは日曜日の朝6:30なので、始まったばかりで、今週は、まだ、1日猶予があるのですが、何をやろうかと書きながら考えています。英語学習は、やることが決まっているので、取り掛かれば何から手を付けようかと悩むことは、まず、ありません。ただ、淡々と英文を暗記し、リスニングをして、音読してというルーチンに慣れ切っている為、もはや、ワクワクはしないのです。道具として使えるほど英語ができるわけではなく、ワクワクしようというのが、そもそもおこがましいのはよくわかっています。その通りで、そこまでいく為に英語学習しているわけなので、学習になれば、そりゃ面白くないに決まっています。考える事なく、苦行の様にひたすら暗記するわけなので、これは自分にはきついです。一方、大学の専門教科のやり直しをプログラムと平行してやることがあるのですが、こちらは工学系の学科ばかりで専門書を読んでノートにまとめたり、式を証明したり、例題を解いたりで、同じ学習なのですが、小さなワクワク感が繰り返しあります。多分、こういう謎解きの様な事が好きなんだろうと思います。英文暗記するというのは単純労働に近く、比べ物にはなりません。それを使いながら、英語Blogを自分で投稿してみるというOutputがある作業は別にして、単純暗記はやはりダメなのです。そうなってくるとNHKラジオ英会話は何に使うか?構文を暗記し正しい英語を使える様になるのが目的の講座なのでリスニング教材ではありません。ビニエットはマニアックな単語を使っている場合もあるため、聞き取れない場合もあるので、リスニング教材としても使えるのかも知れませんが、それはこの講座の本来の目的はない。自然に言える様になるまで、暗記を繰り返すということを奨励している講座です。1日、朝、1レッスンを流すだけでは絶対に覚えられないため、夕方に過去の4月号-5月号を暗記する時間を取ろうとするのですが、仕事が終わったあと、これを実行することがなかなか難しいです。では、構文を覚えないと、自分は英語を書けないか?というのをLang8で添削を受けながら、感じているのは、そこそこ書けているということです。ただし、Nativeに指摘されるのは、単語や熟語などが本来持っている意味を正確に把握できていないということで例えば”考える=consider”と一択で紐つけているところに問題があり、状況に応じてそれは”think of 〜”であったり、”study”であったりするということをわかっていないおかしな使い方をしているところを直す必要がある様です。そうなると、ひたすらビニエットを暗記することは、ちょっと活用の仕方として効率が悪いかもしれません。そのビニエットが特に学習者に知って欲しいとハイライトしている重要構文のみを暗記するのがWritingやSpeakingの強化に役立てる有効な活用の仕方なのかもしれません。私はビニエットを全て和文を見て書ける様になろうとしていました。WritingができるということはSpeakingは反射神経の問題であり、よく考えて話している、その考える時間を短くする様な訓練をすれば、Speakingまではあと一歩という感じだと思います。一方、今だにスクリプトを読んでも理解できないListening教材があるということの方が致命的で読めなければ聞き取れないのは当たり前。やはり、最重要課題はReadingなのかもしれません。このReadingの強化に悩んでいた時に、ちょっと気づいたことがあって、それは、Writingで単語や熟語の意味が本来の意味やシチュエーションに応じた正確な使い方がわからないということとReadingの弱さを同時に解決するには、英英辞典を読むのが良いのではないか?ということです。英語学習に英英辞典を使うべきと言われているのはわかっていたのですが、まず、単語のおおよその意味が日本語わかっていないのに、いきなり、英英辞典を引いて読んでも理解できるわけがないので、和訳に英和辞典は欠かせません。しかし、問題はここからで、和訳したけど結局何を言いたいのか掴めないとか、自分で英文を書こうとすると、英和辞典で理解している単語の和訳だけでは、不十分ということになると思います。そこで、しっかり英英辞典でチェックしてみるという作業を加えた方が良いということで、ようやく、最近、英英辞典の活用の様なものが朧げなから見えてきました。Readingの教材の英字新聞とかReadingの問題集とか選ぶのも良いですが、ちょっと英英辞典を活用してみようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です