言い訳

 最近、自分がどこを目指そうとしているのかが、わからなくなっており、仕事が終わるとランニングをして、350mlの糖質オフビールを飲み、その後、ワイングラスで赤と白を飲み、気分が良くなるとギターを弾いて、その後、夕食を食べて寝るという生活を漫然と繰り返しています。朝はアクティブなんですが、もう夜はただYOU TUBEを見ながら晩酌するのが楽しみで、それに向かって、仕事とランニングをやっているのがはっきり分かります。40代前半に自分の50代が、ここまでだらしなくなるとは思っていませんでした。私は知的生活に憧れていて、渡部昇一先生の”知的生活の方法”に習って生きるつもりで50代を迎え様としていたのです。40代の途中までは、とにかく、仕事と育児で余裕がなく、その憧れは益々、強くなりました。うちは妻も同じ会社の正社員で普通のサラリーマンなので、生活は比較的、豊かで、自分の部屋もあり、妻も結構、遅くまで働いているので、一人で自室で独学する時間はあって、非常に恵まれていたのですが、当時はその環境を使いこなせる時間的な余裕がなかったのです。47歳で管理職をおりた頃から、時間の余裕ができましたので、この機会に生涯学び続けられる何かを見つけて、定年後、退屈しないことを今から始めておこうと考えていました。英語学習、大学や大学院時代の専門分野に関係する専門書や論文の読み直し、ギターを基礎からやり直す、ブログを書く、ペン字を学ぶ、プログラムを作る、作曲をする等、書き出したマインドマップを見返すとやりたい事を相当、挙げています。この中でNHKラジオ英語講座とブログは何となく続いているものの、漫然とルーチンの様にやっていて、何か目的が明確ではなく、芯が一本通っていない感じがあります。まぁ周りに言わせれば、ランニングを含め仕事をしながら続いているだけ偉いじゃないかと言われるのですが、”知的生活の方法”からは、とても、程遠いのです。何か大きな目的やRole Modelを目指して日々やっている感じではない。さらに、根気がなくなっていると感じるのが専門書や論文を読むことです。これは英文法の学習も同じで読んで理解した事を自分の言葉でノートにまとめるとか、不明点を書き出しておく、証明問題や例題を解く等が全く続かないです。ビールやワインを飲めば、そこからは無理なので、ランニング後、ビールを飲む前に1時間でも独学の時間を取るとか、土日に集中してやるなどを実行すればできるはずなのですが、どうしても、そこに向かうことができません。字が汚いことにも原因があると思い、ペン字を学ぼうとしたのですが、ただ、お手本を見て書き写すという、理系脳には耐え難い単調作業についていけません。これはギターを基礎からやり直すというのも近いものがあります。お手本を見てその通りに運指すると言うのは、我流と耳コピーで中1からギターを弾いてきた自分には、もう、遅すぎる感じがあります。楽曲作りは、クリエイティブな作業なのですが、世間を知りすぎたせいか、ワクワクもドキドキも、もはやない為、バンド時代の様な名曲?が出てこないのです。こうやって、色々、言い訳しながら、どんどん先送りして、今があります。肺気胸で手術したとき、このままでは、自分の体は将来、ぼろぼろになると、30代後半でタバコをやめ切れたので、今度は何とか酒を断ちたいと思います。酒をやめると何かが開ける様に思えるのですが、一方で酒があるからリラックスできている気もするし、食べる事を楽しめている面もあるので、ちょっと思案中。今日は雨が降りそうだったので、ランニングを中止し、ここで飲むと太ると自分を洗脳してこのまま飲むのをやめる予定です。きっと明日も雨です。これが禁酒のきっかけになればシメたものですが約束はしないことにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です