距離感の問題

このブログで全ての女性を敵に回す可能性はありますが、あえて綴ってみます。最近、つくづく感じるのは、娘、妻、母・・身近な女性の面倒さです。妻は兎も角も、血縁のある娘も母も、ウザいと感じる事が増えてきました。父や弟など身内を含め、男性というのは大抵の場合、間合いを大事にするもので、必要以上に他人の領域に踏み込まない、希薄な関係が多いので、女性というよりは人間同士の距離感なのかもしれません。特に若い頃は、男性でも確かにウザい奴はいました。こいつ、いつまで俺の部屋に居るつもりなんだろう、早く帰ってくれないかな・・という奴です。逆に何も言わず、そばに長時間いても、何となく通じ合い、苦痛ではない人もいます。自分の人生の中に過去2-3人しか居ませんが、こういう人との関係性に距離感は問題になりません。自分は他人にとってそうなり得ないと思っているので、できるだけ距離を保つ様に心がけています。ウザいと思われるのは、辛いからです。話を女性に戻すと恋愛中は適度な距離感があります。ところが結婚すると家族という括りを女性は好み、もう身内なんだからと開けっ広げで付き合おうとしてきます。これは、亡くなった妻の母からそれを言われました。私は、よそよそしく、家族にふさわしくないと言う訳です。いやいや、私はあなた方の家族になったつもりはなく、私の家族を示せというならば、せいぜい、あなたの娘である妻と娘だと考えていますという感じなのですが、何か家族というものを広げようとします。これは義母に限ったことではなく、うちの実母も同じです。しかも、”せいぜい”なのであって、あまり、家族という縛りに共感できないタチなのです。愛がないと言われそうですが、では、一体、その家族とやらは、私にどんな愛を与えてくるのか?と言う話です。まぁ血縁とか夫婦とか言うものほど、曖昧で危ういものはないというのが実感です。私は離婚して今の妻と再婚しているのですが、今まで波風が立つことはあっても、娘がある程度の年齢になるまでは、総じて、今の妻と再婚して良かったと思うことばかりでした。しかし、次第に娘の教育方針で全くそりが合わない事がわかり、さらに、悪いことにこの発声障害のおかげで怒っていると誤解される事が増え、ギクシャクし出しました。これを回避するには、娘にあまり触らず、物言わぬ事しかない為、そうやって距離を保とうとすれば、今度は無関心過ぎる言われます。さらに母親が、この燻りに油を注ぎます。要は娘が思春期で愛想悪く、寄り付かない、昔は素直で可愛かったのに・・と言うのです。なぜ、こんなタイミングで一体感を求めようとするのか?父親の私ですら妻子と一体感が得られず苦慮しているのに、あなた方の事まで知ったことではないと言う感じです。父は娘のこの状況を察し、距離をとってくれています。しかし、私の母は、この状況でも、なお、ズカズカと立ち入ってきます。ここで、妻がさらに不機嫌になるという悪循環。まぁ、たまったものではありません。家の外まで自分の逃げ場を広げる男性の気持ちが最近はよくわかります。私の場合はコロナが緩和されると、おそらく、どこか隠れ家を探すことになると思います。二世帯住宅がこんな危機を迎えるとは想像もしませんでしたが、早く、独立して娘が出て行ってくれないか?と願うばかり。火種は思春期娘と距離感を見誤る母である事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です