金投資か銀行預金か?

武田邦彦先生のYOU TUBEブログをよく、聞くのですが、銀行預金を増やせば増やすほど、税金が増えるという理屈をわかりやすく説明されていました。武田先生は経済学者ではないので、細かいところは色々、異論はあるかもしれないが概ね、こういうことだと前置きして説明されていました。まず、銀行は元々、預金を私企業に貸して、私企業は利子をつけてその金を期限までに返し、銀行はその利子を行員の給与や設備にまわし、残った金を預金者や利子をつけて還元するというビシネスであると。ここからは自分もまだ企業の一員なのでよくわかるのですが、私企業はハイリスク、ハイリターンの仕事を選択する機会が減っており、銀行からまとまった金を借りない様になり、困った銀行は国に貸しつける様になった、これが国債ということらしいのです。しかし、国がその金を何に使っているかは別にして、いずれ、その借金は銀行に利子をつけて返すことになりますが、銀行はその借金を利子を含め、国民の税金で賄っているという事らしいのです。国は何かで儲けるということはないので、例えば、橋梁や高速道路を作るだけで、それを直接どこかに売って利益を得るということはできないので、その道路を使う人から通行料を取るしかないわけです。国民の為に使った銀行からの借金を税金で徴収して返すしかない。まぁ何となくこのメカニズムもわかりますね。つまり、銀行に預ける金が増えれば増えるほど、国債が増えるというわけですから、銀行預金は銀行が国債を買って凌がなくても良い程度の上限であることが望ましいということになります。銀行は国民にとっても必要な機関ですから、潰れてもらっては困るので、そこそこ預けるのが良いのでしょうが、それは逆に銀行でコントロールしてもらわねば、我々では加減がわかりませんよね。行員だって納税者なのだから、あなたの預金の上限はここまでなので、別の銀行に口座を開設してくださいとかアドバイスして欲しいものですが、もし、これが、概ね事実ならば、まぁ、多少、増減はあってもGold投資が理想なのかもしれません。私が心配しているのは、貴金属の価値なんて時代で変わるのではないか?ということなのです。しかし、Goldというのはそれはもう大昔から一定不変の価値がある金属であり、今後、月や火星にでも大量に採取できる鉱脈が発見でもされない限り、安価にはならないはずですね。でも、紙幣や硬貨ではないという事に漠然とした不安が残ります。50万円のGoldがせいぜい65g程度しかないわけです。10,000円札の価値が紙切れ同然になってしまう事もないとは言い切れませんが、なぜか円やドルが安心というのは、洗脳のせいでしょうかね?あと100万円ぐらいGoldにしておいてもいいかなと思う今日この頃。というのもドルが不安でGoldの需要が上がりそれによってこのところ値上がりしているのです。これってどういうことなのでしょうか?本日の三菱マテリアルのGold Reportには”米長期金利の低下を眺めて金利を生まない金塊を買う動きが活発化。ドル安の進行もドル建てで取引される金の買いを後押しした”と書いてありました。これは私の解釈なので間違っているかもしれませんが、Gold高ドル安になれば1000ドル=Gold 20(g)だったものが、1000ドル=Gold 10(g)になれば、考え方は2つ出てくると思うのです。Goldの価値が高いうちに買っておこう、まだ、値上がりするかもしれないという考え方と、この前まで20gを買うのに1000ドル支払えば良かったのに、今は半分の10gしか手に入らないので買うのを待とうという考え方です。結果として保有するGoldが100gであったならば、5000ドル相当だったものが、10000ドルになるわけなので、ドル安Gold高ならば、今日の様にGoldの価格が上がるのは結果としては納得できます。問題はドル安によって投資家たちがGoldを買おうという動機つけになるのかどうかです。私ならばトレンドを見て、上がっていたら、買った途端、下がるのではないか?と少々不安になるのですが、案外、資金が豊かな投資家というものは、まだ上がり続けるだろうから、今のうちに買っておこうとなるものなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です