今日はMacで入力

今日は久しぶりに娘のMacbook Air 13″を借りてブログを書いています。正直、Dellを1年ぐらい使ってきたので、タイピングの感覚が違っていて何となく、ミスが多いです。でも圧倒的にトラックパットが使い易く、”かな/英数”が切り替え易い。すごく馴染みます。同じフォントなのでしょうが何となく、綺麗に見えるのは気のせいでしょうかね。プログラムを作るには、やはりWindows 10のPCは必要だけど、それ以外は、やっぱり、Macが良いと感じます。スタイリッシュなので、持ち歩いても満足度があるし、LogicPro Xが使えるし、VISIOが使えない分、Illustratorは必要だけれども、MacでIllustratorを使っていると何となく創造意欲も湧いてきそうです。本当に湧いてくるかどうかは確信はないですが、クリエータでも何でもない私をそんな気にさせてくれるところがやはり凄いです。娘のMacbook Airは2017年モデルでプロセッサは1.8GHzのCore i5、メモリは8GBで250GBのフラッシュストレージとスペックは決して高くありません。何と言ってもMacbook Airの3年前のモデルですからね。でも、使い心地が何か温かいです。人に優しい感じといいますか、直感的に扱える感じといいますか・・Apple Eventまであと3日。ここでAppleシリコン搭載のMacbook ProやAirが発表されるのは、間違いないですが、これを待つ価値があるのかどうか?私はこの発表によって現行機種が値下がりするのを待っている様な感じになってきています。しかし、一方で今後リリースされるMacbook ProやAirは、Appleシリコン搭載のものになって、これまで実績のあるIntel CPU搭載のMacは故障対応はするけれど、新機種は11月11日以降、Apple On Line Storeのラインナップから消える可能性もあります。あと3日なのに、また、ポチりたい気分になってきたのでこのあたりでやめておきます。

デザイン入門教室

 昨日、坂本伸二著 デザイン入門教室という1,850円(税別)の本を購入しました。(撮影が下手ですが、一応、表と裏を貼っておきますね。)デザインと言えば、AdobeのIllustratorとかPhotoshopがよく使われていると思うのですが、これらのマニュアル本は書店に数多く並んでおり、私もIllustratorは持っています。しかしながら、Adobeソフトの使い方以前に、そもそもデザインの仕方がわかっていない、あるいは定石を知らずに好きな色を使い、好きな配置を行い、その日の気分で統一感のないフォントを使う等、我流でデザインの真似事ををやっている事がそもそもの悩みの種であったので、何か良い本がないか?と探していました。この本はやや文字が多いので開いた途端、閉じる人も居るかもしれませんが、よく読んでみると”デザインの教科書”であり、私の今の悩みを解決してくれそうでした。色々なテクニックがあるにしろ、基本は”誰に何をいつ伝えたいか?”を明確にし、メリハリをつけるという事に尽きる様で、そこから考え直す必要が私の場合はある様です。まだ読み始めたばかりですが、このブログで感想等を紹介していけたらと思っています。私は中学校の頃から何かをスケッチするとか、デッサンするいうのが苦手だったのですが、本を読み空想した絵を描くとか幾何学模様で1枚の絵で表現するとかいうのは大好きでした。当時の美術の授業は”そうではない。こう描くんだ。全然、違うだろう”とか言われて、描かされている感が強く、本来は自由に表現するのがアートなのに、何故、こんなに窮屈なんだろうと思っていました。当然、学生に一般的な教養として教えているわけで、アーティストを育てているわけではないので、当たり前と言えば当たり前なのですが、それがどうにも私には合わず、美術は苦手と決めつけていたのです。しかし、大学院でプレゼン資料や自分のノートを作っていて気付いたのが、自分はデッサンが苦手であってデザインは好きだという事でした。決して上手くはないですが、好きならばやってみようと思って何度か奮起した事があるのですが、改めてデザインをやろうとすると全く、基礎知識がない事に気づかされました。それで数年前から断念していたのですが、この本で少し明るい兆しが見えそうなので、頑張ってみようと思います。

ブログの目的を再認識

 このブログを始める前から自作のホームページをHTMLとCSSで作ってみたいと思っていました。HTMLの前に、まず、ロゴやページのデザインが先であり、手書きでラフな絵に起こしてみるという作業が必要です。PCやiCloudに保管している写真を持ってきて貼り付けるだけならば、何の面白みもなく、やはり、そのページに相応しい写真をきちんと、目的をもって撮影し、Photoshopで編集したり、手書きの絵を同じくPhotoshopでディジタル化したりして、その素材をホームページに配置したいもの。まず、ホームページ自体のデザインを手書きで考えている段階で今は完全に思考がスティックしてしまいます。心がほっとする様な背景をまず考えているのですが、Wordpressで用意されているテンプレート以上の配色やアイデアは出てきません。しかし、勝手なのですが、まったく、現在のテンプレートには満足していないのです。四角形のボタンを並べて、各ボタンをクリックすると、この画面にジャンプするという、所謂、画面遷移や写真、ロゴの配置等をスケッチした設計書的なものは何とか書けます。ホームページのどの領域にそのボタンを配置するかも、おおむね、手本となるものはあるので、そこに個性を出す必要はない為、デザインは不要です。あるとすればボタンの形状、色、そしてフォントです。そのボタン1つ1つに、こだわる前に背景色をどうするのか?を決めなくてはならないのですが、私は現在、ブログで使っている背景色であるアイボリー系のクリーム色の様な色が最も落ち着くと思っています。しかし、一方で、背景色は黒にしてモノトーンで全てを作っていっても良いかなとも思っています。きっと、この心のぶれ方に何かデザインという作業を阻害する原因があるのだと思っています。要はこのブログは何の為に書いているのか?がぶれ始めてきている証拠です。表現者はあくまで私なのですから、私が何を誰に向けて何の為に発信しているのかが明確ならば、使うべき色も配置する写真や絵も一発で決まる様な気がするのです。このブログは以下のコンセプトでテーマも書きたい内容も決まっていたわけで、だんだん、それてきている感じがします。ここはしっかり反省して、今一度、ネジを巻きなおしたいと思います。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ブログテーマ-ターゲット別-1024x705.png

夫婦同室

以前、夫婦別室というタイトルのブログでセックスレスに近くなるけど、長い目で見ればこれで良かったのかもしれないと書きました。しかし、別室にしてから約2年が経過した現在、妻の方から”(私から)愛されているどうかが分からなくなってきた”と最近、言い出したので、”まず、別室にすれば、スキンシップも減り、必然的にそうなってしまうよね?しかし、ダブルベッドをわざわざシングルに変えて部屋を分けたいと申し出てきたのは、君の方じゃなかったっけ?”というと、”それは2年前は忙しくて、私が帰るのも遅く、あなたが寝ているのを邪魔したくなかったから”という事でした。私としては少し当時の記憶が彼女と違っているところはあるのですが、お互いの受け止め方に差があったかもしれないので、それ以上は言わず、”じゃあ、寝室は1つ、書斎も1つにして、君の部屋を寝室にする為に僕のベッドを移動し、僕の部屋を書斎にする為に僕のベッドのあったスペースに君の机や本棚を持ってきて寝室も書斎も共有しようか?”というとあっさり了承。私としても、わざわざ娘が熟睡したのを見計らって、妻の部屋に行き、そこで義務的に、しかも狭いシングルベッドで夜の営みに持ちこむなんて、恰好悪いと思っていたので、スキンシップを増やし、愛情が深まるならば、この方が良いと思っていました。ちょうど、今週は連休でまとまった配置替えの時間も取れる良いタイミングでもあったので、思い切って引っ越しをしました。仕事中、お互い、相談したい事があるならば、特にテレワーク中ならば書斎で仕事しながらでも聞けるし、何か1人で趣味的な事を書斎でしたいならば、お互いが時間を譲り合えば済むので、書斎の共有は全く問題がない事がわかりました。趣味が違っていて、別の事をそれぞれがやっていたとしても、それでも空間を共有している事で良い面はあります。あまり夫婦の事をくどくど書く気はないですが、寝室の共有は言うまでもなく、彼女の不安も少しばかりは解消できたと思っています。夫婦同室でもHappyになれるし、別室は別室で違うHappyさがある。夫婦でお互いが何を求めているかでLife Styleは変えて良いという事であり、正解はないというブログでした。