ノート

 ブログで書くのも、おかしな話かもしれませんが、私は手書きが好きで、愛用のMontblancの万年筆で最近、お気に入りになったツバメノートに、今流行りのモーニングページ(モーニングノート)に近い、日々の記録を行なっています。出来事を記録するのが日記ならば、このモーニングページというのは感情を記録し整理するものだと理解しています。思いつくままに、今、心に思ったことを赤裸々に紙に書き出すことでイライラや迷いなどの感情や何かやりたいけどモヤモヤしてどこから手をつけて良いかわからない思考の整理に役立つそうで、モーニングページが流行る前から、実行していたことです。書き殴る様に行などを意識せずにひたすら吐き出す様に書くのが良いそうですが、私はそういうのは、好きではなく、読み返せる程度の字でバランス良く書きたいと思う方で、字が汚いと逆にストレスになります。”ラテの乱れは心乱れ”という名言がありますが、まさしく、日によって、文字のバランスが変わってしまいます。自学するときのノートも同じですが、何度も消すことができるシャープペンシルを使うと、特に理数系のノートは何か問題を解いて閃いたりすると、消した後の黒ずみを含め、本当に汚いです。少しでも、解消しようと、方眼タイプのノートを使っていますが、これが一番、良い様です。マス目1つの中に日本語ならば1文字、英数字は2文字を書くということを決めて、1文字ずつ丁寧に書く。あと10分以内に書き終えなければならない等と制限をつけると、乱れるので、そういう時はできるだけ、書かない事にしています。時間制限のある書き物など、今の時代はないはずで、板書ですら写メで済みます。何かを考えながら書く場合は相当な時間を要するわけで、そもそも、思考中に時間は必要だし、理数系教科の様に、思考の過程で数ケースのTry & Errorを繰り返し書く必要がある場合は、先にノート以外のメモ紙か、雑記用の安いノートに鉛筆で書きながら考え、まとまったところで、まとめ用のノートに丁寧に書けば良いだけで何の支障もないはず。そこでノートには次の5つのタイプがある事に気づきました。手書きが必要なのは、考えてみれば、3項と4項だけで、3項は思考のプロセスノートと言っても良く、ここは手書きの方が良いですが、まとまってしまえば、2項はWordで良いのかなと思います。しかし、自分の思考があっちに行ったり、こっちに行ったりしている過程も記憶として残しておきたいと思うならば、3項をしっかり手書きで清書しても良いかもしれません。4項はこのブログの最初に書いたモーニングページであり、PCで打っても良いのでしょうが、PCでは”じっくりと自分に向き合えず、正直な気持ちに気付きにくい”という人や”読み返した時に、ワープロ文字では何だか味気ない”という人も居るかもしれません。確かにPCはこのブログの様に”人に伝える事を目的にした文章”を書くのに適しており、心を吐露するには役不足かもしれません。今日もいくつかのノートを書くと思いますが、できるだけ1文字ずつ丁寧に書きたいと思います。

1.ただ、何か書き写すだけのノート

これは今はほとんど不要なはずで、講義の板書を書き写している様な場合。

2.バラバラの書籍に書かれている情報を1つに纏め、自分の言葉でわかり易く整理するノート

これは、文理系共通で配置以外は思考が伴わず、機械的に作成できる。

3.2項以前に思考が伴い、疑問点や問題を明確にして、それを解決するノート

(1)文理系共通では、1つの書籍に書かれている内容が理解できない場合、2項に行き着く前にあれやこれや疑問点があり、それらを記録し、別の書籍を調べているプロセスを記録する場合。

(2)理系教科固有では例題や証明等を自分で解いているプロセスを記録する場合。

(3)仕事の場合はアイデアを記録する。

4.自分の感情を整理するノート(モーニングページ)

5.ただ、今日の出来事を記録するだけのノート。

4項と纏めるとプライベートは良いが、仕事の事を一緒に記録しづらいので分けている方が良い。

コロナ緊急事態宣言の根拠

 1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に2月7日までの緊急事態宣言が出す方針で決定しましたね。ここ1ヶ月の感染者数の増加傾向から判断すれば已むを得ないと思いますし、私はむしろ、決断が遅すぎたという声に賛成です。テレビで取り上げているので極端な例かもしれませんが、街頭のインタビューに答えている若い人の中には”自分は感染しても重症化しないので、普段通りに外出を控えることもなく、店が営業している限り、夜遅くまで遊びまわっている”と平気で答える人もいて、こういう他人の迷惑を顧みない若い人達には宣言や特措法で縛り、飲食できる場所や時間を制限し、遊ぶ場所を減らすというのは有効だと思います。街に活気がなく、ゴーストタウンの様になってしまえば、出歩く理由はなく、ただ、寒いだけなので、外出する動機や誘惑も減るでしょう。時短の対象になった店や施設には、国や地方自治体は、しっかりと時短による損失をお金で補填する制度の確立も同時に求められると予想し、最低限、そこはしっかりやらないと、成立しないと思います。しかし、私はそれだけでは不十分だと思います。なぜならば、三密にならず、飛沫感染も抑止できる対策が取れるという事で、時短対象になっていない店や施設を利用するお客さんも同時に減るわけで、店は開けている以上は補填もなく、逆に商売にならないからと店を閉めても、国がそれを命じたわけではないから、知らないと言えるとすれば、まるで”へびの生殺し”の様な状態を生む事は容易に想像できると思います。国が求められていることは”一旦、国民全員が不要不急の外出をしなくても良い環境を国が作り、感染拡大をこれ以上増やさない。”ということです。止めたいのは経済ではなく、不要不急の外出です。働く為に普通通りに会社に出勤し、密閉された会社の中で、ソーシャルディスタンスを意識しながらサラリーマンとしての活動を行う事は”不要不急の外出”と言わないでしょう。その人から見れば会社が休業していない以上、出勤するしかないはずなのです。会社自体が休業し、出勤しなくても、生活が保証されているならば、みんな、休みますよ。サラリーマンが毎日、多少、熱っぽく感じてもコロナ判定基準の37℃を超えてなければ公共交通機関を使って出勤している事実があるとすれば、それは感染の原因にならないと断言できますかね?そもそも、平熱は人それぞれですが、何℃を平熱として37℃以上という設定にしているでしょうか?熱は平熱より何℃高くなったかで、その人の体調は決まるわけで、36.5℃でも感染を拡大する人も居るのではないか?と思うわけです。私は長崎に暮らしていますが、徐々に感染は拡大しています。普通のサラリーマンですが、在宅勤務率を上げる努力をする様、指示は出ていますが、仕事に支障をきたす人は出勤して良いという甘めのルールです。Inputでは、むしろ、在宅勤務でネットの調子が悪く、指示された内容を聞き間違え、失敗しましたなんて言い訳をする人の方が問題視されます。また、Outputの方は、ネット環境では相手に伝わらないコミュニケーションしか取れない人もいます。そんな事ならば、出勤して働けというのが会社の指示です。勤務に支障をきたさない事が在宅勤務の条件だからです。本当に飲食関係だけが感染を広げていると言えるのでしょうかね?そういう影響度を特定する分析はやった上で飲食の影響度が大きいと判断するデータがあって、制限をかけているのでしょうか?本質は、店に感染を拡大する様な振る舞いをする客が来ているか、感染を拡大させないという意識が希薄な店があるかのいずれかではないのかと思うのです。遅くまで開けていて良いので席数を制限するとか、ルールを守っていない人を入店させないとか、席数の制限をはじめ、飛沫感染防止やソーシャルディスタンスをとる配慮など、感染拡大を抑止する為の最低限のルールを守らず営業している店は厚労省の権限で閉めさせる事ができる等の特措法で縛った方がより効果的だと思うのですが・・これはこれで人権侵害とか言われるのでしょうかね?経済活動を止めるというのはどうもおかしい気がするのです。止めたいのは感染させるかもしれないという意識の低い人ではないでしょうかね。

サンカ(山窩)

私も最近、知ったのですが、かつて大和朝廷から滅ぼされた、熊襲、蝦夷、土蜘蛛等と言った反体制の少数民族の一種で、サンカ(山窩)と呼ばれる民族が昭和までこの日本の山の中に戸籍も持たずに、生存していたという情報を得ました。同和問題や部落差別問題で取り上げられる、穢多(エタ)や非人の子孫の方々は生まれながらにして言われもない差別を受け、人として扱われない過酷な時代を過ごされた方々も多いと聞きますし、現代でさえ、まだ、特定のエリアに差別問題が残っているそうですが、その方々には、きちんと戸籍はあって日本人として認可されている点で、日本政府のサンカの方々に対する処遇は違います。まず、いつからこの方々が我々、日本人の先祖の系列から外れて、山で独自のライフスタイルや文化を形成して暮らす様になっていたのか?というのは諸説あます。一説には縄文時代の終わりから弥生時代の初期に日本に暮らす人達(あえて日本人とか国民という表現は避けます)の中にフラットな関係の縄文文化から上下関係のある弥生文化に移行できた弥生人と、自然と調和したライフスタイルでフラットな関係を維持したい縄文人に分かれ、弥生人の子孫が我々一般の日本人に、一方、縄文人の子孫が少数民族に分岐していったという説もあります。この分岐点が大きな時代の変わり目において、諸説あり、現代に近いところでは明治維新後という説まである様です。私は色々、情報を見ていく中で、彼らは、サンカではない日本人(弥生人の子孫)と自分たちの獲った物や手作りの生活品を農作物やお金と交換していたという事実があったり、使っている文字はサンカ文字と呼ばれる独特の象形文字で、サンカ同志は全く通じない言語(隠語という説もありますが)で話していたという事実から、縄文人説を信じています。私はこのサンガのご先祖様は、熊襲とか蝦夷の様な戦闘能力の高い少数の弥生民族ではないと思うのです。もし、大和朝廷の脅威になる様な武装集団であったならば、まず、中央政権に従わせる為の交渉があり、交渉の場では、大和朝廷から使者が伝える言葉の意味を解していなければならないし、返答もまた然りです。蝦夷の中には阿弖流為(アテルイ)の様に戸籍を持っていたかどうかは兎も角も、勝者側の大和朝廷が書き残した名前すらあります。つまり、蝦夷や熊襲は我々、日本人の先祖、つまり上下関係のある文化を受け入れた弥生人を先祖に持つただの反政府軍であり、”何か大和政権のやり方が気に食わないから従いたくない”という集団だからこそ、滅ぼされたのだと理解しています。サンカという特殊な言語や文化で戸籍すら持たない日本人が本当に弥生時代から昭和まで生存できていたとしたら、それは毒にも薬にもならない中央政権にとっては脅威でも何でもない民族だからこそ、捨て置かれた結果だったのではないか?と思うのです。分岐点が現代に近づくと今度は使っている言語や文化の面で矛盾が出てきそうです。流石に明治維新が分岐点だと仮定した場合、新政府のやり方に耐えらなくなった江戸時代の庶民が、いきなり山の中で独自の文字や文化を考え出し、自然と協調した暮らしを築いていたというのは考えづらいです。似たような民族にアイヌ民族の方々がいます。しかし、彼らはのルーツはその身体的な特徴から我々、日本人が属するモンゴロイドではなくシベリア南部に多いコーカソイドにあり、明治時代に統制されるまで別の意味で日本人扱いされていないし、地理的にも大和政権や幕府等の覇権もロシアから統制される事も免れたのだと想像します。旧石器時代から現代まで続いている民族という説もあり、ちょっとサンガとは違う理由で生存し続けてきたわけですが、言語や文字が明らかに日本語とは異なり、フラットな関係を良しとする点などは、縄文時代あたりから長らく生存してきた民族という点で共通している様に思うわけです。おそらく、アイヌも日本国の脅威にはなり得なかった為、長く生存したのだと理解します。失礼だなと思うのは、ドロップアウトした日本人がアイヌやサンカのふりをし、悪事を働いた例も多くあった様で、彼らのステータスを落としている点です。戦後になって、目撃例はなくサンガは姿を消したそうです。これが何を意味するのか?アイヌの様に既に現代人に同化した結果なのか?、日本人としても認められず、生活困窮者としてホームレスに紛れて暮らしているのか?密かに政府が集落を襲い、皆殺しにしてしまったのか?きっと自分はサンガの子孫であることを知っていても、明かすことはないと思うと残念です。あの縄文から弥生に移行するときに、現代までの人類の発展があった反面、人がヒト族たる、大事な掟を破り、破壊し尽くしてきたとも思うからです。それを取り戻そうとして、コロナは暴れ回っているのかもしれませんね。スペイン風邪もエイズもSARSも、多めにみてやったが、今度ばかりは愚かな人類を許さないという感じで猛威を振るっている様に私は思えます。

ツバメノートへ転身

 最終的にツバメノートA5サイズに落ち着きそうです。もっとも、インクフローが多く、EFで国産のFの太さのあるLammyでしかも石丸で購入したカクテルインクで書いて、裏抜けや滲みがなく、Montblanc146のEFで引っ掛かりがなく、さらに乾燥も早い。これ以上の紙質のノートはないかもしれません。万年筆ユーザとしては非常に、気に入りました。価格はAmazonで4冊で968円。1冊は30枚綴じで242円なので、60ページとすれば約4円/ページ。一方、LEUCHTTURM1917のA5サイズは1冊 251ページで3,190円なので、約13円/ページ。単純にページ数だけで比較すればツバメノートの方が3倍ほどのコスパの良さです。ですが・・このまま、紙綴じのツバメノートをカバンに入れて持ち歩き続けると、きっと、劣化します。そこでAmazonでCollasaroレザーノートを購入しましたが、Q&Aを見るとA5ノートを収納することができないと記載ありましたので、結局、返品しました。レザーノートとしてリフィルと一緒に購入する必要があった様なのです、好みのレザー調でモスグリーンだったので、非常に良いと思ったのですが、ツバメノートをカバーする事が目的なので残念です。これからカバーだけを購入しに行きます。あとはMonthlyのカレンダーシールが欲しかったので、以下のシールを購入しました。これは既にLEUCHTTURM1917でお試し済みであり、Montblanc 146では確実に滲む事がわかっています。スケジュールは変更が多いのでフリクションで書く方が良いのかもしれませんが、取り敢えず、多色ボールペンで記入していこうと思います。