M1 MacBook Air 13″使用感 その2

 前回のその1の投稿が11月8日だったので20日経過したことになります。その1の時点で概ねインストールすべきアプリはインストール済みだったのですが、その後、インストールした大容量のアプリと言えばXCODE13.1とPython3.10でさらにPython でグラフィック環境が必要だったのでHomebrewとMatplotlibをインストールしています。Pythonのプログラミング奮闘記については別のブログで紹介しますが、M1ではIntel版MacからHomebrewとMatplotlibのインストール要領や使うコマンドが変わっていた様で、ちょっと手こずりました。その状態で現在のDiskの使用状態は以下の通り。11月8日の投稿時点で105GB程度あった空きは63GB程度に減りました。さらに40GBを使ったことになりますが、全然余裕です。データをハードディスクとiCloudへ移せば削減できるので、これ以上、大容量のアプリをインストールしない限りは現時点でも256GBで十分であることがわかります。

 前回とは順番が逆になりましたが、Geekbench5の計測経過は以下の通りです。まずCPU性能は前回、Single:1750/Multi:7737でしたのでほとんど変化ありません。一方、GPU は前回、Metal:18508/OpenCL:16677でしたのでいずれも1000pointほどアップしています。まぁこれがBestということでしょう。

 

SafariでWordpressにアクセスしてこのブログを書いている時にCPU負荷とメモリの状態を撮ったアクティビティモニタのショットは以下の通り。CPU負荷が小さいことは明らかで、メモリプレッシャも同じく小さいですね。使用済みメモリは6GBに届かない程度です。

 この状態にもう少し負荷をかけるべくPhotoshopを立ち上げキャンパスの写真を移動させた直後に抑えたショットが以下に通り。CPU負荷はほとんど増えておらず、使用済みメモリが0.8Gアップした程度です。写真の移動操作だけなので、もっと細かい編集を加えればもう少し増えるのかもしれませんが16GB を積んでいたIntel版Macbook Proでは、写真を移動する程度の作業でもレインボーカーソルが回ることもあったので、それもほとんど無くなり、かなり快適です。

 次はLogic Pro Xです。操作はキーボードでSTEP入力を行い再生し、書き出し操作まで行った時にショットです。CPU負荷は1.5 倍から2倍程度にアップしていますが、メモリはPhotoshopとほとんど変わらないか、むしろ小さいです。音飛びや遅れなども外部モニタ聴いている限りは感じません。

 最後にバッテリですが、今のところ確認できているのは3時間程度の使用で1時間あたり10%程度の消費であるというところまでです。このままリニアに減少するならば10時間持つという試算になるのかもしれませんが、例えば5時間使用したあたりから減りが早くなる可能性もあるので、控えめに見積もって 7−8時間がいいところではないでしょうか?しかし、8時間持ってくれれば、日常使いならば、外出時、電源アダプタを持っていく必要はないと判断します。

 約3週間の私の使用感で言えば、今のところ、全く、快適であり、何1つ悪いところは見つからないので、Macbook Air 13″ SSD:256GB/メモリ:8GBの整備済み品で何1つ問題無しと言えそうです。

投稿者: KAZU

生まれも育ちも長崎で長崎在住のブロガーです。仕事はエンジニアで普通のサラリーマンでブログです。このブログは主に3つのカテゴリーで構成していて1つは仕事術や図解などノウハウブログ、もう1つは自身や目標を立てて取り組んでいる事などを紹介したチャレンジブログ、そして最後は万年筆、Mac、ギターなど私の好きなものを集めたホビーブログです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です