Rolandオーディオインターフェイス

 今日はインストールしたLOGIC Pro Xを使ってみようと、RolandのオーディオインターフェイスをUSB経由で認識させ様としたら、認識しないので、Rolandのホームページを見るとまだ、Mac OS 11 Big Surは検証中となっており、私が長年使ってきたUA-22は知らぬ間にMac OS 10.15 Catalinaからサポート対象外になってしまっていました。動作する可能性があるのは、以下のRolandのホームページからの抜粋の通り。UA-55がUA-22の後継機の様ですが、Amazonで確認すると33,000円で今回、Macbook Proを購入したときのAmazonのポイントで現在、10,484ptあるので22,516円で買えるのですが、RUBIX-22が動作するならば、18,300円なのでこっちだと7,816円で買えます。しかし、同じメーカでこうも価格差があると、何かあるのでは?と疑いたくなります。しかし、Amazonのカスタマレビューを見る限り、RUBIX-22の方が何故か評価は良いです。UA-55の方が価格が高いので評価も厳しくなるのかもしれませんが、私としては、兎に角、正しく、音をLogic Pro Xまで取り込んでくれれば、それで良いという事しか求めていません。という事でせっかくMacを買ったのですが、今週は楽曲を作るところまでは漕ぎ着けず、Rolandの検証待ちという結果になりました。早く検証結果が出て欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です