Windows 10 クリーンインストール

 現在、私はDellのLaptop PCでInspiron 5390を使用していますが、Macを使っていた頃のLogic Pro Xは音楽制作ソフトとしては使えない為、Cubase LE AI Elements 10という最も安いバージョンをインストールしています。しかし、Logic Pro Xで慣れていたせいもあり、どうにも使い辛く最近では何だか動作も重くなってきた為、それがMacに戻りたいという動機の1つになっています。第8世代のCore i7-8565Uプロセッサ,SSD :512GB , メモリ8GBでそれなりのマシンなのですが、Cubaseを使うにはメモリが不足しているのかもしれません。それで今日は市内のPCデポにMacを触りに行くの予定なのですが、それはちょっと置いておいて・・このDell PCもMacではできないVisual Basic(VB)のプログラミングやOfficeとVBの連携あるいはVISIOの作画等には必要なわけで、必要最小限のソフトだけを入れて持ち歩く、モバイルPCとして使おうと、今、Windows 10からのクリーンインストールを試みようとしています。Windows 10はMicrosoftのサイトからダウンロードできて、8GB以上あるUSBやDVDに保存し他のPCへインストールという事が可能なので、早速、USBへ落としました。Windows 10からのクリーンインストールは以下のURLの通り、Dellでも推奨されている復元方法の1つなのですが、要はDell OS Recovery Toolで作成したUSBやDVDに作成したリカバリメディア(昔風に言えば復元ディスク)による復元で、出荷時、プリインストールされていた不要なアプリケーションソフトまで復元されるのは違い、プライマリパーティションをフォーマットして、Windows 10のみをインストールする方法につき、自分の望むアプリケーションだけをカスタムインストールできるというメリットがあります。このPCのディスクの管理を確認してみると、プライマリパーティションはOS : 460GB、WINRETOOLS(回復パーティション): 990MB、Image(回復パーティション): 13.38GB、DELLSUPPORT(回復パーティション): 1.19GB及びEFIシステムパーティション:650MBで構成されていました。不安なのは、このクリーンインストールによってプライマリパーティションのOS以外のデータも完全に消えてしまうではないか?という事。一応、出荷時の状態に戻すリカバリメディアは作っているのですが、クリーンインストールでプライマリパーティションにフォーマットがかかると回復パーティションのデータも消えてしまうのではないか?という事です。万が一、クリーンインストールに失敗したら、出荷時の状態に戻すのに、おそらく、この回復パーティションは必要ではないか?と予想しているのです。もう日曜日も終わろうとしていますので、もうちょっと調べてから来週の土日のTryする事にします。

(参照URL)

https://www.dell.com/community/Windows-10

投稿者: カズ

長崎在住の作曲やギターが趣味のブロガーです。共感して頂ける皆様と情報交換する事を目的に立ち上げたブログですので、気になる記事がありましたら、ご意見やコメントをお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です